イタリアの囚人が刑務所から脱走!「戻ってくる」メモ 子どものための脱獄が映画みたいと話題

イタリアで映画のような脱獄をした2人の囚人が話題になっていました。

子供のために済ませるべき用があるため抜け出すとのメモを残して、刑務所から脱獄するという映画にありそうなシチュエーション。

現地紙で報道された内容をご紹介します。

メッセージを入力

イタリアの囚人が刑務所から脱走!「戻ってくる」とメモ残し子供のために脱獄

この脱獄した囚人2人はいとこ同士で、ダバッド・ズカノビッチ受刑者(40)リル・アフメトビッチ受刑者(46)。

この二人は刑務所内にあったホースを使って、壁をよじ登って脱獄。

 

収監されていた刑務所は「レビッビア(Rebibbia)刑務所」というところのようです。

実際の刑務所をグーグルマップで調べて見ましたが、結構壁は高いようで監視塔もあります。

 

二人は脱獄する前には「私的な理由により外に出る必要がある」とのメモを残しおり、特に子供のためにということを強調していたそう。

2人は「厄介な話に首を突っ込んだ自分たちの子どもを守る必要」が生じており、妻らも収監されているため、事態を収拾できるのは自分たちしかいないと強調。

同紙は、両受刑者はメモの最後に、万事片付いたら15日ほどで戻ると約束し、署名を残していたと報じている。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18403229/

 

15日までに戻るとのことですが、実際にどうなるのか気になりますね。

脱獄したのは2日の深夜とのことなので、6月17、8日ごろには戻ってくる計算になります。

 

映画になりそうな展開だけに注目が集まります。また詐欺や盗みを働いたことで逮捕されており、2029年までの刑期になっているようです。

この脱獄を機に伸びてしまうのか気になったので、調べてみると5年間伸びることになっているようでした。

Les cousins condamnés pour recel et fraude devaient sortir en 2029. Mais le délit d’évasion entraîne une peine supplémentaire de 5 ans.

引用:https://l-frii.com/rome-2-detenus-sevadent-pour-des-raisons-familiales-mais-promettent-de-revenir

 

翻訳した内容がこちら。

隠蔽と詐欺の罪を宣告されたいとこは、2029年に休暇をとる予定でした。しかし、逃亡の罪には、さらに5年の刑が課せられます。

 

 

ちなみにこんな動画がアップされていました。

何を言っているのかわかりませんが、こんな顔なんだくらいの雰囲気だけでも。

ネットの反応「映画みたい」「かっこいい」「家族みんなおかしい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です