東京の足立区の鹿は捕まった!?警官20人で囲い込み「ごめんな。もう少しだからな」

東京都内の足立区で5月末から目撃されていた鹿の、2日間の捕獲劇に終止符が打たれました。

足立区の河川敷で逃げ続けていた鹿が捕まった時の様子と目撃情報とともに紹介します。

メッセージを入力

東京の足立区の鹿は捕まった!?警官20人で囲い込み「ごめんな。もう少しだからな」

鹿が捕まった時には警察官が20人以上が捕獲劇に参加することになりました。

現場は東武線堀切駅近く。午前9時台から、シカがいる可能性のある河川敷の草むらに向かって、警視庁の警官など20人以上が網を用意して捕獲に備えた。上空にはヘリコプターも飛び、音が響いていた。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18358341/

 

そして午前11時ごろに、網で囲いこんでとうとう捕まりました。

午前11時半ごろに2人の捜査員が草むらに入って捜索。警官たちが網を広げて草むらに迫る。すると同41分、シカが草むらから飛び出し、白い網に捕獲された。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18358341/

 

捕獲している時には大きな声で叫んだ様子はなかったものの、時々鳴き声をあげ怯えた様子だったようです。

 

警官らからは「ごめんな。もう少しだからな」とシカに呼び掛ける声もあった。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18358341/

捕獲されたのは1.5メートルもあるオスの鹿だったとのこと。どこから来たのかについては不明となっています。

捕獲当時の様子は近隣住民200人がギャラリーとして眺めていたようです。

東京の足立区荒川の鹿の捕獲後はどうなった?

捕獲された鹿は足立区内の公園で一時的に保護されることになっているようです。

現在引き取り手を探していますがもし見つからなければ、殺処分の可能性もあるとのことです。

【動画】捕獲当時の状況

ネットの反応「害獣だから山には返せませんってなんだよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です