【画像】小池都知事の目の下(ケガ)の絆創膏(テープ)の会見の動画!【5月29日】

小池百合子都知事が5月29日の会見でマスク無しの姿での登場とな理ましたが、目の下の絆創膏に心配になった方もいるのではないでしょうか。

今回は小池都知事の会見で目の下に絆創膏(テープ)をしてる画像や動画をご紹介します。

メッセージを入力

【画像】小池都知事(小池百合子)の目の下の絆創膏(テープ)の会見の動画!【5月29日】

パッとはわかりづらいですが、肌色の四角形の絆創膏が目の下にあるのがわかりますね。

出典:Twitter.com

 

縦長の細いテープを想像していたので、思ったよりも大きくて「何事!?」とびっくりしている人が多かった印象です。

 

アップの動画だとテープを貼り付けているところの違和感がはっきりとわかりますね。

 

私も50cmの至近距離から石を投げられて、でっかい絆創膏つけた記憶があるのでケガしたのかな?と思ってしまいました。^^;

 

同じようにケガなのかと思っている人が多かった印象です。

小池都知事の目の下の絆創膏はどうしたのでしょうか。

小池都知事(小池百合子)目の下どうしたの?絆創膏でクマを隠した?

この会見で小池都知事の目の下の絆創膏はどうしたのか、ということについては公表されていません。

 

都民を心配させまいとしているのか、プライベートのことなので明かしていないのかは不明ですが・・・

 

視聴者からはいくつか理由が予想されていましたね。


小池都知事の目の下の絆創膏の原因としては・・・

  • ケガをした
  • 肌荒れを隠すため
  • くまやあざを隠すため
  • マスクの跡ができたため

 

などがありました。

中には皮膚が剥がれてしまったと思っている人もいましたが・・・、質感を見ても絆創膏でしょう。

 

以前にも疲労によりヘルペスが出ていたこともあるので、くまができて隠してしまった可能性が濃厚なのかもしれません。

とはいえ、くまなら両方にできそうですが片方が濃くなってしまったのでしょうか。

気になるところですが、今後も絆創膏をつけた状態が続くのであれば心配になりますね..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です