【動画】富川アナのたんが絡むかすれ声の報ステのシーンは?喉がガラガラで心配も【4月7日】

報道ステーションの富川悠太アナが新型コロナに陽性と診断され、入院していることがわかりました。

実は新型コロナと診断される前にも、番組の放送中にたんが絡んで声がかすれるなどの症状がみられていたとのこと。

今回は富川アナがたんが絡むかすれ声のシーンの動画をご紹介します!

メッセージを入力

【動画】富川アナのたんが絡むかすれ声のシーンは?4月7日の緊急事態宣言の場面

こちらの動画では1分50秒あたりにフリップを説明してる際に、声がガラガラにかすれているのがわかるかと思います。

また別のシーンでも、声がかすれており喉の調子がよくなかったことが、改めて見るとよくわかるかと思います。

4月7日の報道ステーションでは、声がかすんだりなど富川アナの具合が悪いのがわかります。今入院中で苦しい思いをしているので心配ですね。

ただ富川アナは4月3、4日ごろから38度も発熱していたわけなので、この時期ならコロナの疑いを持っておべきだったのではとも思ってしまいます。^^;

とはいえ、早くよくなってまた報ステのMCとして活躍していって欲しいですね。

4月7日の放送で富川アナを心配する視聴者さんの当時の声を拾ってみました。

【動画】富川アナ具合(体調)が悪そうで心配の声も【4月7日】

やはりみている人たちにとっても、富川アナの声の異常にはすぐ気づかれている方が多かったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です