【画像】志村憲司(志村けん父)の元軍人で小学校教師だった?芸能界のきっかけのエピソードも

日本国民の広い世代から愛された志村けんさんが、コロナウイルスによりお亡くなりになったことが報道されました。

志村けんさんはお茶の間で親しまれバカ殿や変なおじさんは、今でも馴染みのあるものですよね。

突然の訃報にショックを受けて、何も手につかないという人も多くいるのではないでしょうか。

そんなみんなに愛された志村けんさんが芸能界を目指したきっかけは厳格だった父・志村憲司の影響であったようです。

今回は志村けんさんの父・志村憲司さんのプロフィールとともに、志村けんさんとのエピソードもご紹介します。

メッセージを入力

【画像】志村憲司(志村けん父)のプロフィール!元軍人で小学校教師だった?

名前:志村憲司 (しむら けんじ)
年齢:54歳 (没)
出身大学:豊島師範学校
職業:教師

 

志村けんさんのお父さんの名前は「志村憲司」です。

実は「志村けん」は、お父さんの名前から来ていて、志村けんさんの本名は「志村康徳」というようです。

 

志村けんさんの父親は300年続いていた農家に生まれていましたが、実家を注がずに教師の道を進んでいます。

 

志村けんさんの父親は地元の友達からも「志村家の親父は怖い」ということで有名な人だったようです。

元軍人だったこともあって厳格なタイプの人だったようで、志村けんさんが子供の頃は教頭でもありました。

 

当時の元軍人というだけでも怖いのに…

そのうえ、柔道も師範5段でもあったので、まさに文武両道をゆく人物だったのでしょう。

 

そんなお父さんから芸能界入りのきっかけがあるとは想像しにくいのですが・・・

志村憲司(志村けん父)の芸能界のきっかけとなったエピソードも

 


志村けんさんのお父さんは家でも、和気あいあいとした仲の良い雰囲気はなく、喋った記憶もないと話していました。

志村けんさんの子供時代ですから、毎日バカして笑っているイメージでしたが、ガラッと印象が変わってしまいます。

校長に昇進するために勉強に専念していたこともあって、ほとんど籠もっていたようですね。

 

そんな重苦しい空気の中で、志村けんさんのお父さんが喜劇「雲の上団五郎一座」をみて笑いを堪えていたそう。

 

「いつも怖い父親が笑ってる!?」

家族でテレビをみていて笑いを堪えているお父さんをみて、「お笑いっていいな」って思ったことがお笑いを志すきっかけになりました。

だからこそ「志村けん」の名前も、父・志村憲司さんの名前が元になっているんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です