ヤマハのパワハラの執行役員の上司は誰?名前が森田浩一で特定のデマの拡散に注意!

楽器メーカーのヤマハの男性社員が上司からのパワハラが認定されたことが報じられました。

男性写真は研究開発部門の上司である執行役員からのパワハラが原因で精神を病んでしまったいいます。

ネット上ではパワハラした上司の特定が起きているようですが、いったい誰なのでしょうか?

メッセージを入力

ヤマハ(YAMAHA)のパワハラの執行役員の上司は誰?実名や名前は公表は?

現時点でヤマハでパワハラをしていた上司については名前や実名などは公表されていません。

上司については報道されている様々なメディアを情報をまとめると以下のようになっています。

  • 50代の男性
  • 研究開発部門
  • 執行役員
  • 1月から出社しておらず3月末で退任

 

上司にまつわる情報はこれくらいで、特定の人物を公表はされていません。

そんなパワハラをした上司に対しては、ネット上では怒りや悲しみの反応であるれていました。

ヤマハ(YAMAHA)のパワハラの執行役員に対するネットの声「許せない」

この情報を元にネット上では、特定の人物が候補として上がっていました。

ヤマハ(YAMAHA)のパワハラが森田浩一で特定のデマの拡散で風評被害に注意!

今出ているのが森田浩一という人物ですが、実名が公開されていない以上”デマ”として扱うべきです。

確かに森田浩一氏は「技術本部 研究開発統括部」の部長を勤めており役員こそ、メディアで公表されている情報と一致します。

加えて4月1日からの組織改正で「技術本部研究開発統括部長」には藤井茂樹氏が任命され、森田浩一氏の名前は記載されていませんでした。

ヤマハ パワハラ 執行役員 

出典:https://www.yamaha.com

ヤマハ パワハラ 執行役員 

出典:https://www.yamaha.com

 

ですが、メディアでの上司の特徴 = ヤマハで役職が一致 ≠ パワハラの上司

という図式になるわけです。

断定するような発言は非常に危険な行為であり、銘葉毀損などの風評被害にも繋がるので絶対にやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です