辛坊治郎の深層ニュースをクビの理由はなぜ?解雇の原因はパワハラ疑惑のガセのせい?

キャスターの辛坊治郎さんが、深層ニュースをクビになったことをABCラジオ「週刊ニュース解説 辛坊治郎のズバリ&どうよ!」で報告していました。

高視聴率にも急な降板になんで?と思った方もいらっしゃるかと思います。

今回は辛坊治郎の深層ニュースのクビとなった理由がなぜなのかパワハラ疑惑とともにご紹介します!

メッセージを入力

辛坊治郎の深層ニュースをクビになったことを報告

3月14日に放送された「週刊ニュース解説 辛坊治郎のズバリ&どうよ!」で、司会を務める「深層NEWS」を急にクビにされたことを報告していました。

 

視聴率3倍だぞ、この野郎!!

と、スタジオも笑わせながら言っていたようですが、内心は怒っている気がしますね。^^;

 

普通に考えても、高視聴率を叩き出してるのにクビって、まじふざけんな!って思いますからね。笑

 

もちろん3倍の視聴率を出しているのは、辛坊治郎さんだけの功績ではなく、他の番組関係者のおかげも当然あるわけですが・・

 

実は番組の急なクビには、ある不穏なニュースが影にありました。

辛坊治郎の深層ニュースをクビの理由はなぜ?解雇の原因はパワハラ疑惑のガセのせい?

週刊文春によると、辛坊治郎さんの「深層NEWS」の番組解雇に関しては表上は「契約満了での降板」であることになっているようです。

 

つまり、局としてはあくまで「契約満了での降板」であり、パワハラ疑惑での降板とは辛坊氏側に説明していないようだ。

引用:https://friday.kodansha.co.jp

 

契約の期間が終わるのが、3月末なってるのでその時期に合わせての解雇ということのようです。

 

ただあくまで表上の話であって、実のところはパワハラ疑惑が浮上したことによるクビなのではないかというのは見解があるんですね。

というのも、辛坊治郎さんは1月に女性プロデューサーのA子という人物に壁ドンで、顔も至近距離まで近づけながら圧迫しながら「お前なんかいつでも飛ばせる」と恫喝したことが報じられていました。

パワハラ報道はガセ?

 

しかしながら、辛坊治郎さんのパワハラ報道には、ガセを疑わせる内容もいくつかあったわけです。

パワハラを報じた、週刊文春ですが報道内容に関して関係者の発言内容と一致していない箇所がありました。

 

このような議論の場合、「言った、言わない」の水掛け論になることが多い。だが、A子デスク、Bプロデューサーの報告書、そしてC氏の証言に共通することをまとめると、

① Bプロデューサーの報告書にも、自身がA子デスクのことを「ああ言えば上祐」と言ったと証言。C氏の証言も含め辛坊氏と“五分五分”の言い合いであった可能性が高く、決してA子デスクが一方的に辛坊氏から恫喝されていたワケではなかった

② 文春が報じた「お前ならいつでも飛ばせる」という辛坊氏の発言は、A子デスク、B氏プロデューサーの報告書、C氏の証言からも出てこない(日本テレビ側も文春の取材に対し、この発言は事実誤認と否定している)

③ 議論の途中で4人が壁際に寄ったのは事実。だが、A子デスク、B氏プロデューサーの報告書には辛坊氏によって壁際に追いやられたとされているが、C氏が証言した「リネンを運ぶ業者の荷車を避ける際に、壁際に寄った」という記述は、なぜか出てこない

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/102173

 

このように辛坊治郎氏のパワハラを報じた週刊文春の内容はいくつか、実際に現場の状況と異なっていたようです。

 

そんなことを報じられてしまったわけですが、日本テレビの性質上その内容が本当かどうかよりも、文春報道が出たことがクビの原因になったのかもしれません。

その裏付けとして日本テレビの関係者がこう証言していたようです。

 

「うちの局はとにかく“事なかれ主義”なんですよ。文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った。これじゃ、逆に辛坊氏に対するフリーランスへの“パワハラ”や“下請け切り”って言われても仕方ないですよ」

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/102173

 

そういった日テレの事実かどうかよりも、煙がたっている状態から火消しするといった性質のために、番組を降板になったのかもしれませんね。

 

ただ表上はあくまで「契約満了」のためということになっているようです。

 

最後に辛坊治郎さんのクビについてネット上の反応をご紹介します。

辛坊治郎の深層ニュースをクビにネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です