オネエタレントZで薬物は誰で名前は?IKKOが美容関連の仕事でTwitter更新?【東スポ】

2020年の2月16日に東スポから槇原敬之の薬物による逮捕に続く人物として、オネエタレントZを候補として報じています。

オネエタレントZというとそこまで多くはないことから、ネット上でも特定の動きが出ていますね。

※この記事では特定の人物を断定するものではなく否定する形でご紹介していきます。

メッセージを入力

【東スポ】薬物疑惑でオネエタレントZが浮上!槇原敬之とシャブ仲間は芋づるか?

槇原敬之さんの逮捕により、つながりのあるシャブ人脈を候補としてあげておりオネエタレントZの特徴も出ていますね。

オネエタレントZの特徴
  • 有名ベテランXと繋がっている
  • 美容関連の仕事を手がけている
  • 槇原さんが逮捕された13日にTwitter更新

 

大物俳優との付き合いがあるくらいなので年齢的にも高いのかもしれません。

 

これらの情報から東スポが指摘するオネエタレントは、IKKOさんが候補としてあがっているようでした。

オネエタレントZで薬物は誰で名前は?IKKOが美容関連の仕事でTwitter更新?【東スポ】

 

ネット上でもイニシャルとして伏せられていますが「 I 」の文字や記載されている内容にIKKOさんを思わせる書き込みもありありますね。

 

実際にIKKOさんは美容関連でもコスメなどをプロデュースされていることや、13日にもTwitterを更新されていて条件と合っていることが発端のようです。

槇原さんの逮捕に対する内容ではありませんが、13日にピンポイントで更新という意味からも噂されているようです。

IKKOはパニック障害で薬物治療を受けていたつらい過去も?

現在58歳のIKKOさんですが、30代(39歳)の頃にパニック障害で薬物治療を受けていたようです。

 

『アトリエIKKO』の設立で多忙と責任感でストレスが日に日に増し、プレッシャーで押し潰されそうな重圧の中で過呼吸になったようです。

 

それが重症化しパニック障害に。治療には数年の歳月がかかっていたようです。

 

さらには美容家としてストイックな面もあいまって、ダイエットで無理をしてしまったために栄養不足で体にも負担となっていたのでしょうね。

 

それほどまでに仕事に責任感を持ち、自身の美容のために理想を追求するIKKOさんの姿勢は素晴らしいです。

 

そんなIKKOさんが薬物に手を染めるとは考えにくいのではないかと思います。

 

むしろ薬物治療により、太る・むくみ・抜け毛などの副作用が出ることも経験されていることもありえるので、美意識の高いIKKOさんならそんなことするはずありません。

 

【オネエタレントZ】イニシャルで隠されている候補まとめ

ネット上でオネエタレントZについて調べていると、イニシャルとエピソードの記載で候補が上がっているものの誰かわからない!という方もいるかと思います。

 

現時点で出ているオネエタレントZのイニシャルの候補の方の名前を以下にまとめました。

イニシャル

  • 【N】 → ナジャグランディーバ
  • 【T】 → 楽しんご

のことを指しているものと思われます。

もちろんこの人物が薬物をしていたという事実を裏付ける事実は一切ないことにお気をつけください。

オネエタレントZ 薬物 誰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です