団野村が野村克也(ノムさん)の遺体(お体)画像をツイッター投稿の理由はなぜ?なんで載せた?

野球界のレジェンド野村克也さんのご遺体の画像をTwitter状に投稿したとして、団野村さんが炎上しています。

常識的に考えて故人のお体をSNSにアップするなんて受け入れがたいですからね。

いったいなぜ、団野村さんはノムさんのご遺体をTwitter状に投稿したのでしょうか。

メッセージを入力

【炎上】団野村(だんのむら)が野村克也(ノムさん)の遺体(お体)ツイッター投稿!不謹慎や非常識と非難殺到

 

団野村さんにとって野村克也さんは父親(継父)にあたり、母親・野村沙知代さんの前夫アルヴィン・エンゲルさんとの間の子となります。

 

私の感覚からしても、父親の遺体を写真にとってSNSに投稿するというのは想像できません。^^;

写真にとることもできるかどうか..

 

そういった感覚を持っている方が多くいらっしゃったこともあり、この投稿を発端として炎上状態となっていました。

 

 

ではいったいなぜ、団野村さんはTwitterにご遺体を載せてしまったのでしょうか。

団野村が野村克也(ノムさん)の遺体(お体)ツイッター投稿の理由はなぜ?海外の文化では常識?

 

考えられる理由としては、文化の違いがあるかと考えられます。

サッチーの前夫のアルヴィン・エンゲルさんは、ユダヤ系アメリカ人だったので、アメリカの文化の影響があったのではと考えています。

 

アメリカでの葬式の文化について調べてみると、教会でのミサ形式で行われることがほとんどで、賛美歌を歌ったりと明るい雰囲気だそうです。

 

いちばんビックリしたのは牧師が“Let’s celebrate”と言い出したこと。

 

キリスト教では死=神様の元へ帰るという意味で、信仰を持つ人は皆肉体から脱皮して天国で幸せに暮らすといわれているので、お葬式は一時的なお別れだけれどいつか神様の元でまた会えるので喜んで送り出そう!という明るいイメージなんですね。

 

雑談もにこやかで笑い声もタブーではありません。

引用:https://www.ei-sta.com

 

もちろん故人を悼む気持ちはありますし、団野村さんもノムさんの死を悲しんでいることTwitterをみていると伝わってきます。

 

中には注目され、知名度を上げる売名と言っている人もみられましたが、そんなわけないと思います。

 

ノムさんが日本ではかけがえのない人物だということを考え、天国へ送り出す前に最期の姿を日本のファンの方達にみてもらいたかったのかもしれません。

 

文化の違いまで考慮されて投稿されたのかについては不明ですが、日本人の感覚からすればショッキングでもありますよね..

最後に団野村さんがノムさんの写真の画像を投稿したことに対するネットの反応をご紹介します。

団野村が野村克也(ノムさん)の遺体(お体)ツイッター投稿にネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です