コロナウイルス感染者(東京)のタクシー運転手の会社はどこ?仕事場や行動経路(ルート)は?

2月13日に東京都内に住んでいるタクシー運転手が、新型コロナウイルスに感染してたことが報じられました。

タクシーということもあり、密閉空間で人を乗せるため乗った可能性がると不安になりますよね。

東京都内で発見された新型コロナウイルス感染者のタクシー運転手の会社や行動経路、仕事場はどこなのでしょうか?

メッセージを入力

コロナウイルス(東京)の70代タクシー運転手が感染

東京都内で新型コロナウイルスの感染が確認された、70代タクシー運転手は「中国人のお客さん」を乗せたことがあることが報じられています。

中国人観光客を羽田空港から乗せたことがあるようです。

 

コロナウイルスに感染した中国人を乗せて感染したなら、逆にコロナ感染のタクシー運転手が乗る車中にいたら感染する可能性もあるわけですよね..

 

【追記】

他のメディアでは羽田空港にも行ってないし、中国人も乗せておらずプライベートでの接触もないとして報じられているようです。

東京都によるとタクシー運転手の男性は、先月29日に発熱して病院で診察を受けているが、その2週間前の15日以降についても羽田空港には行っていないということだ。

また、中国人客を乗車させておらず、プライベートでも中国人との接触はないという。(ANNニュース)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

メディアごとによって情報が異なっているため、現状どちらが正しいか判断しかねますね..

 

コロナウイルス感染者(東京)のタクシー運転手の会社はどこ?仕事場や行動経路(ルート)は?

今回、感染が報告された70代のタクシー運転手の会社については公表されていません。

 

東京のタクシー会社は以下のようになっています。

イーエム無線
荏原無線
グリーンキャブ
国際無線
コンドルグループ
第一交通
大和自動車交通
チェッカー無線
信和事業協同組合
帝都自動車交通
東京エムケイ
東京私鉄自動車
東京無線
東都タクシー
日本交通
日の丸交通

 

また上記の都内のタクシー会社以外にも、羽田空港までタクシーを呼べる会社は「132社」ありました。

こちらのリンクより確認できます。

 

これに加えて70代ということから個人タクシーの可能性もあるため、特定するのは現状は難しいところだと思います。

 

法人のタクシー会社の定年は60〜65歳と言われているので、会社勤務でない可能性もあるわけですね。

 

行動経路や仕事場は?

現状わかっているのは「東京都内 ↔️   羽田空港」の間でのルートとなっています。

 

電話連絡で呼び出されていた場合は別ですが、タクシードライバーをする上でお客さんが多い持ち場や時間帯など把握されていることもあるかと思います。

 

今回のように羽田空港から中国人観光客が大勢来ることを見越して、持ち場の一つとしていた可能性もあるでしょう。

70代なのでベテランということを考えると、お客さんが捕まる仕事場や時間帯はある程度固定されていたかもしれません。

 

ただ現状は行動ルートなどは明らかにされていないため、わかり次第追記していきますね。

コロナウイルス感染者(東京)のタクシー運転手の入院先や受け入れ先はどこ?

厚生労働省の会見では入院先については明らかにしておらず「診療所か、特定施設かもいえない」と話しており、受診先も明らかにはされていません。

東京都内の感染症の受け入れ先は以下のようになっています。

  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
  • 東京都立駒込病院
  • 東京都立墨東病院
  • 公益財団法人東京都保険医療公社
  • 自衛隊中央病院
  • 東京都立駒込病院
  • 東京都立墨東病院
  • 公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院
  • 公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院
  • 青梅市立総合病院
  • 東京医科大学八王子医療センター
  • 国家公務員共済組合連合会 立川病院
  • 日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院
  • 公立昭和病院
  • 国民健康保険町立八丈病院
  • 医療法人財団葛飾厚生会 東立病院
  • 社会福祉法人仁生社 江戸川メディケア病院
  • 公益財団法人結核予防会 新山手病院
  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院
  • 公益財団法人結核予防会 複十字病院
  • 社会福祉法人上宮会 清瀬リハビリテーション病院
  • 独立行政法人国立病院機構 東京病院
  • 東京都立多摩総合医療センター
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
  • 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
  • JR東京総合病院
  • 日本大学医学部附属板橋病院
  • 東京都立小児総合医療センター
  • 医療法人伯鳳会 東京曳舟病院
  • 社会医療法人社団健友会 中野共立病院
  • 学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院
  • 日本赤十字医療センター
  • 城南福祉医療協会 大田病院
  • 河北総合病院分院
  • 日本医科大学付属病院
  • 慶應義塾大学病
  • 東京都立松沢病院

 

病院が明らかになっていない以上、どこの病院で受診・入院したのかは不明となっていますが、新型コロナウイルス陽性と診断されたあとは少なくとも上記の病院のいずれかになるかと思われます。

コロナウイルス(東京)のタクシー運転手の感染にネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です