コビッドじゅうきゅう(COVID-19)名前の意味や由来は?呼び方が日本語の理由はなぜ?

中国の武漢市を中心に世界中に蔓延している新型コロナウイルスによる新型肺炎がWHOより命名されました。

COVID-19と名付けられた新型肺炎。

19を「ナインティーン」と読むかと思いきや「じゅうきゅう」のよんでいるこで話題になっていますね。

今回はコビッドじゅうきゅう(COVID-19)の名前の意味や由来をご紹介します!

メッセージを入力

WHOが新型コロナウイルスの呼び方をCOVID-19と命名

WHOでは「COVID-19」で「コーヴィド・ナインティーン」と言っていることがわかりますね。

その由来は

コロナ → [co]rona

ウイルス → [vi]rus

疾患(病) → [d]esease

2019に発生  → 19

 

今までネット上では「武漢肺炎」などと言われていましたが、差別的なものを避けるために特定の地名や、動物、人の名前、グループなどを入れないようにしたわけですね。

 

コビッドじゅうきゅう(COVID-19)名前の意味や由来は?呼び方(読み方)が日本語の理由はなぜ?

しかし日本では「こビットじゅうきゅう」と呼ばれていたようです。

なぜ19をナインティーンではんかう、じゅうきゅうにしたかに関しては不明でした。

ただ現在「FNN」からの報道でした呼び方を確認できていないため、まだ日本での呼び方が統一されていない可能性もあります。

もしかした間違えている可能性も・・?

他の報道でも確認でき次第追記していきますね。

コビッドじゅうきゅうの数字の呼び方にネットの反応は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です