震度10のスパム動画メールのウイルスは本当はデマ(嘘)で釣り?チェーンメールが拡散!?

「日本に震度10級の地震」というタイトルのスパムメールが出回っていることがSNSを中心に注意喚起が行われています。

この記事の内容

震度10スパムメールの動画を開くとどうなるのか
震度10のスパムメールがデマ・嘘なのか

 

となっています、よかったら最後までご覧ください。

メッセージを入力

日本に震度10級の地震のタイトルのメールの動画にウイルス?開くとどうなる?

現在SNS(ツイッター)を中心に【日本に震度10級の地震】というタイトルのスパムメールが出回っていることに対する注意喚起が行われています。

 

このメールには動画が添付されており、開いてしまうとスマホなどにウイルスが感染し、以下のような被害にあうと報告されています。

 

『携帯電話・スマホの送金機能など銀行業務の情報を引き出す』

 

と、お金に関わるだけに恐ろしいスパムメールとなっているようです。

これが本当ならば、メールは絶対に開かないようにしたほうが良いでしょう。

 

一方でこの「注意喚起」自体がデマなんじゃないかという可能背も出てきました。

震度10のスパム動画メールのウイルスはデマ(嘘)で釣り?チェーンメールが拡散か!?

 

実際に私も調べてみましたが、そのようなメールがきていたという情報は見つからず・・・

そういったことを感じているユーザーもいて、そのためこの「注意喚起」自体がデマでチェーンメールのようなものなんじゃなかという可能性も十分にあると思います。

【追記あり】新聞には存在しない

震度10 スパム メール 動画 デマ

出典:https://twitter.com/

 

現在出回っているチェーンメールの内容が新聞に掲載されたという情報を、過去の新聞からさかのぼって検証がされていました。

 

そこで、全国紙や地方紙の紙面を特定のキーワードで検索できる有料サービス『G-Search』を使って調べてみました。

キーワードは「震度10級」、検索期間は最近1週間分です。

検索結果は0件です」と表示されました。

念のため「震度」でも調べました。新聞だと「10級」が全角や漢字になっているかもしれません。

今度は引っかかりましたが、地震については北海道新聞の『根室で震度2』や共同通信の『震度=気象庁発表(5日1時42分) :地震(小規模)』くらいしかなく、「震度10級」について書かれた記事は見つかりません。

ついでに『Google』ニュースでも調べてみましたが、そのような記事はありませんでした。

追記:https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20200206-00161955/

「G-Search」という有料のサイトでは全国の新聞を含む約150雑誌からの情報なので、どれにもヒットしないというのはおかしな話です。

 

新聞・雑誌記事横断検索は、最大で1984年8月(朝日新聞記事情報)から、朝日、読売、毎日、産経の全国紙の他、地方紙、専門紙、経済誌等、約150紙誌の過去記事を一括して検索できるデータベースサービスです。

引用:https://db.g-search.or.jp/g_news/RXCN.html

 

その時点で出回っている注意喚起の内容も信憑性が無くなっていることになるので、デマの可能性が非常に高くなっています。

 

日本に震度10はない?

そもそも日本には”震度7’’までしかありません。

震度0〜7までの10段階があり、震度8〜の階級は存在していないので、スパムメールのタイトル自体も間違えています。

ちなみに気象庁が定めている震度階級は以下のようになります。

地震の震度階級
  • 震度0
  • 震度1
  • 震度2
  • 震度3
  • 震度4
  • 震度5弱
  • 震度5強
  • 震度6弱
  • 震度6強
  • 震度7

 

話はそれますが、震度8以上が存在しない理由としては、地球の重力加速度を大幅に超えてしまうため理論上起こらないと考えられているようですよ。

前の回答にもあるように震度は計算で求めるのですが、震度8以上の地震はありません。

震度を決定する要素に加速度がありますが、阪神・淡路大震災のときは約1000ガル(地球の重力加速度とほぼ等しい)の加速度が発生し震度7の地震となりました。

震度8となるためには加速度が6000ガル以上(地球の重力加速度の6倍以上)の数値となり、物理的に発生しないだろうと判断されるからです。

https://www.city.shizuoka.lg.jp

 

震度7の地震があった阪神淡路大震災はまさに、最大の地震の規模だったわけですね。

 

話を戻して、今回の「注意喚起」自体がそもそも恐怖心を助長させるためのスパムメールの可能性があるわけですね。

とはいえ、現時点では本当なのかデマなのかについては不明です。

 

デマである可能性も踏まえてむやみにSNS上で拡散しないほうが賢明かもでしょう。

今回のスパムメールに対する対応としては

  • 万が一【日本に震度10級の地震】というタイトルのメールが来たら開かずに削除
  • デマである可能性があるのでSNSで拡散しない

 

といった対応になるかと思うので、冷静に対応していきましょう。

 

最後にこの日本に震度10級の地震のスパムメールに対するSNS上の反応をご紹介します。

震度10のスパム動画メールのウイルスに対する世間の反応は?

震度10 スパム メール 動画 デマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です