ウイルス検査拒否(コロナ)2人の実名(名前)の特定は?勤務先や職場はどこ?上級国民は本当?

中国の武漢からのチャーター機の第一便で帰国した日本人2人が検査拒否したことで日本中で注目されています。

「ウイルス検査拒否した2人は誰なのか」「名前・実名は?」「勤め先や職場はどこ?」

など、新型コロナウイルスの脅威が猛威をふるっているだけにネット上では特定の動きに入っているようです。

新型コロナウイルス検査拒否した2人の名前や勤め先は特定できているのか、「上級国民」として炎上している内容についてまとめました。

メッセージを入力

ウイルス検査拒否(コロナ)が2人が自宅に帰宅!

武漢から帰国した法人206名のうち、2名が検査拒否、1名が検査をしたものの帰宅したことがわかっています。

検査をして結果が出る前に帰るのも気になりますが、検査拒否が2名いることが驚きです。

 

検査拒否をした理由や帰ったルートについても詳細は報じられていないため、不安と恐怖からピリピリしてしまいます..。

 

そんな中でさらに事態を悪化させるニュースが報じられました。

ウイルス検査で症状なしの帰国者にコロナウイルス陽性反応

検査を受けた人のうち”症状がなかった2人’’が新型コロナウイルス陽との結果が出てしまいます。

国内では新型肺炎の症状がない人の感染が公表されたのは初めてですが、症状がなくても感染している人がいるという事実があることになります。

 

検査をしないで帰った人にも感染の新型肺炎の陽性の可能性があることになりますよね..。

 

予想できていたことなのに、なぜこんなずさんな対応をするのか疑問に思います。

 

今からでも検査拒否した2人を検査し、結果が出るまでは隔離するなど対応を帰るべきなのでは?

ウイルス検査拒否(コロナ)2人の実名(名前)の身元の特定は?勤務先や職場(会社)はどこ?

 

この新型コロナウイルスの検査を拒否した人に関して、特定の動きはあるものの具体的に身元に繋がる目ぼしい情報は一切ないようです。

またツイッター上では検査拒否の人物が「上級国民だろ!」と炎上もしているようですが、裏付けがされているわけではありません。

2019年から上級国民を理由におかしな事件もあったため、上級国民ではないかという憶測が飛び交っていると思います。

また政府が「強制的に検査・隔離」をしなかったことも、上級国民であると思わせる要因だったのかもしれませんね。

 

 

ネット上に出てくるとしたら、検査拒否をした本人が名乗り出るか、知人や勤務先の同僚などが漏らさない限りないかと思います。

 

ただネット上で特定されたとしても、「デマ」や「誤報」である可能性もあるので、下手に拡散してしまっては法に触れかねないので避けた方が良いでしょう。

 

報道機関やメディアから「報道」という形を待つしかなさそうですが、どれだけ危険な感染症とわかっているのに受診を拒否して帰ってしまうくらいです。

最悪の場合、新型コロナウイルスに感染していてもある程度症状が重くなり、ウイルスを感染した状態で出てこないか心配です。

 

自宅待機を守るという保証がないですからね・・・

【速報】ウイルス検査拒否した2人が受診の申し出あり

中国・武漢市(湖北省)で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、厚生労働省は30日、チャーター機の第1便で29日に武漢市から帰国した日本人のうち、ウイルス検査に同意しなかった2人が、検査を受けたいと申し出たことを明らかにした。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17743389/

 

1月30日にウイルス検査を拒否していた2人から検査を受けたいと申し出があったようです。

もしかすると症状がない人もコロナウイルス陽性の診断が出たことを知って、検査しようと思ったのかもしれませんね。

 

拒否して帰ったことは確かに良くない行為でしたが、こうやってしっかり検査に申し出てくれたのは本当にありがたいですね。

一度断ってしまったことを再度頼む行為には勇気がいると思います。あとはしっかりと検査を受けてコロナウイルス陰性であることを祈るばかりです。

 

ウイルス検査拒否(コロナ)で帰宅した2人に対する世間の声

 

検査拒否 誰 武漢 日本人 実名 上級国民

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です