新型肺炎ワクチン(薬)はいつ開発?日本で予防接種の実用化される時期は来年以降?

新型肺炎が中国の武漢市を中心に拡大している中で、ワクチン開発の希望となる新型コロナウイルスの培養が成功したことが報じられました。

日本でも「人から人への感染」が確認されたことから、これから感染者が出てくる可能性もあります。

新型肺炎に対抗しうる「ワクチン」の開発はいつごろになるのでしょうか?

メッセージを入力

新型肺炎(コロナウイルス)の培養をオーストラリアが成功!

オーストラリアにある南東部メルボルンの「ピーター・ドハーティー感染・免疫研究所」が29日に、新型コロナウイルスの培養に成功したことを発表しました。

 

これによりワクチンの早期発見につながる可能性があるとして、感染が拡大しつつある現状には希望のあるニュースとなりましたね。

  • 新型ウイルスによる正確な診断・抗体検査向けに使われる
  • 試験段階のワクチンの有効性の評価

 

新型コロナウイルスに対して免疫を持たない私たちにとっては、なるべく早く実用化してほしいと思いになりますよね。

新型コロナウイルスのワクチンの開発、日本での実用化までにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

新型肺炎(コロナウイルス)のワクチン(特効薬)はいつ開発?日本で予防接種の実用化される時期は?

現在出ている新型肺炎に対するワクチンに対する情報は以下のようになります。

ワクチン臨床試験までの期間

アメリカ国立アレルギー・感染症研究所:3ヶ月以内に人への臨床試験

感染症流行対策イノベーション連合(CEPI):夏(6月)までに人への臨床試験

 

臨床試験までに最短でも3ヶ月以内の予定となっていますが、オーストラリアでコロナウイルス培養が成功したため、さらに早まる可能性もあるわけですね。

 

ただ今までに日本がワクチン開発〜承認までにはかなりの時間がかかっていることがわかりました。(平成28年情報から)

 

「国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所」の平成28年度の報告書にはこのように記載されていました。

ワクチン 承認 期間

従来のワクチン製造方法(鶏卵培養法)
・ 既に承認されたワクチンでも、1年近い期間が必要。
集団感染(パンデミック)の場合、最低でも2年近くの期間が必要
(病原体から新規感染症ワクチンの設計、製剤化、非臨床、臨床試験、薬事承認までの期間)
⇒ 感染症が侵入したときに、ワクチンの製剤の迅速かつ大量生産が間に合わない恐れ

引用:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

 

集団感染があった場合のワクチンが国内でワクチンが承認されるまでに「最低2年近く」の期間が必要とされているようです・・

ということは、年内での実用化は難しいのかもしれないということになるのかもしれません。

 

ただ「従来のワクチン製造方法」とあるので、新しいワクチン製造法が確立されていたら早まる可能性はあるかもしれません。

海外ワクチンの日本が承認するのにかかるの期間は?年内には間に合わない?

日本で海外開発されたワクチンが承認されるまでの期間を「医薬品医療機器総合機構」の「第7回予防接種部会」の資料には以下のようにありました。

※平成22年時点でのデータなので古くなっているため、現時点の事情とは異なるかもしれませんがご了承ください。

ワクチン 承認 期間

出典:https://www.mhlw.go.jp/ 平成22年より

国内申請から承認までの期間
  • アクトヒブ:3.8年
  • プレベナー:2.1年
  • ガーダシル:2010年時点で未申請
  • サーバリックス:2.1年

 

国内で申請があってから、承認が降りるまでかなりの長い期間かかっているんですね・・

 

過去のワクチン承認の事例でも「最短でも2年」となっているわけですね。

加えて海外での最初の承認「First Approval」から、国が申請まで動き出すのにも時間がかかっています。

 

そう考えると「ワクチン」が日本で実用化されるのは、今回の新型コロナウイルスによる終息宣言が終わった後になるのかもしれません。

 

 

海外で開発が早くても、日本の申請〜承認までに時間がかかりすぎるって、不安でしかないです。なぜこんなにも時間がかかってしまうんですかね..

 

やはり人種的な要素でもワクチンのリスクを検証して行くのに時間がかかるということでしょうか。

 

ただ必ずしも現時点でのワクチン開発がこのようになっているわけではありませんので、現状では変わっている可能性も十分あります。

また新しい情報がわかり次第追記していきますね。

ネットの反応

新型肺炎 ワクチン いつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です