吹奏楽連盟の事務局長(事務局次長)で不正は誰?着服した50代男性の名前や顔画像(写真)はある?

全日本吹奏楽連盟の事務局長ら2人が1.5億円を着服したとして、理事長の丸谷明夫氏が会見を行いました。

信頼の厚い丸谷明夫理事長だけに、不正を行った事務局長・事務局次長が誰なのか気になりますね。

今回はこの事務局長・事務局次長が誰なのか調査した内容をご紹介します。

メッセージを入力

全日本吹奏楽連盟の事務局長・事務局次長が1.5億円の着服

全日本吹奏楽連盟が過去10年間にわたって不正に着服を行ったとして、謝罪会見を開いているのは以下の2名です。

  • 丸谷明夫理事長
  • 村山英一副理事長

 

しかし、上記の2名は今回の着服に関しては関与しておらず、今回不正を行ったとのは以下の2人です。

  • 50代男性の事務局長
  • 40代男性の事務局次長

 

ではこの事務局長と事務局次長は一体だれなのでしょうか?

吹奏楽連盟の事務局長(事務局次長)で不正は誰?50代(40代)男性の名前や顔画像(写真)はある?

結論から言いますと、全日本に関しては事務局長と事務局次長が誰なのかネット上を探しましたが不明となっていいました。

 

資料などで調べてくれた方もいらっしゃいましたが、支部に関しては記載されているものの全日本吹奏楽連盟については理事長と監事のみとなっていたようです。

また全日本吹奏楽連盟の公式HPでも、記載されているのは理事と監事、正会員までとなっていました。

全日本吹奏楽連盟の公式ホームページはこちら

 

事務局長クラスの人たちは名前が出てこないので、現時点で誰なのかを特定するのは難しいのかもしれませんね。

 

通常であればこの2人が出てきて謝罪するべきだとは思いますが。

 

代わりに代表者の丸谷明夫理事長と村山英一副理事長が謝罪する形になってしまいました。

特に丸谷明夫理事長は吹奏楽をたしなんだ人なら誰でも知っておりている方だっただけに残念です。

最後に今回の吹奏楽連盟の着服についての世間の反応をご紹介します。

ネットの声

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です