【THE突破ファイル】魔のトンネルの場所はどこ?ロケ地は事故が多発の北九州の若松?

2020年1月20日に『THE突破ファイル【冬の警察ミステリーSP】』が放送されますね。

今回の放送では「魔のトンネル」が紹介されます!

今回のTHE 突破ファイルで紹介される「魔のトンネル」とはどこにあるのでしょうか?

メッセージを入力

【THE突破ファイル】魔のトンネルの場所が紹介!

まだ番組が放送されていないですが、「エンジンが止まる」「追突事故が多発」など、かなり心霊めいたものを感じますね。

できれば通りたくない。
逆に興味がある。

といった人たちもいるかと思います。

「魔のトンネル」が具体的にはまだ公表されていないため、今回の放送で紹介のトンネルがどこなのかは突き止められていません。

ただ調査してみたところ、以前他の番組でも紹介された「魔のトンネル」があることがわかりました。

(※テレビで紹介されたトンネルとは違っている可能性があるのでご了承ください。)

【THE突破ファイル】魔のトンネルの場所は北九州の若松の若戸トンネル?

「魔のトンネル」として有名な場所として「若戸トンネル」という場所はあることがわかりました。

若戸トンネルは若戸大橋の渋滞解消のために作られた「海底トンネル」のようです。

場所としては若戸大橋の北側に位置していトンネルですね。若戸トンネルで表示的なかったため若戸大橋の住所を記載しておきますね。

若松大橋
〒808-0034
住所:福岡県北九州市若松区本町1−5−18

上空から撮った写真だとこのようになっているようです。

THE突破ファイル 魔のトンネル

出典:https://www.pa.qsr.mlit.go.jp

THE突破ファイル 魔のトンネル

出典:https://www.pa.qsr.mlit.go.jp

 

またトンネル利用者による動画撮影などもありました。

こうやってみると普通そうなトンネルに見えますね..

ただ一見普通そうに見えていても事故が多発しており、

・消防車が横転した場所と同じところで軽自動車が横転

など、横転事故が多発するといったことも起こっていたようです。

実際に横転する様子がこちら。

 

トンネルに入ると下りでカーブで減速し損ねると曲がりきれずにスリップして事故が起こりやすくなっているようですね。

【THE突破ファイル】魔のトンネルは群馬の心霊スポットSトンネル?

番組予定表ではこんな紹介文がありました。

実在した「魔のトンネル騒動」…故障してないのに急にエンジン停止…追突事故が連発…さらに落ち武者伝説で町が大パニック!

引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/67498803/

 

落ち武者がでるトンネルについて曰く付きのトンネルを調べてみると・・・

群馬県東部にあるSトンネル」が候補として上がってきました。

 

地元では「落ち武者の亡霊」が出ることで有名なトンネルのようです。

このトンネルは古戦場の近くにあり、討ち死にした武士たちの怨霊が原因不明の事故を引き起こすと噂されているようですね。

「Sトンネル」について調べてみましたが、「城下トンネル」以外にも、他にいくつかSトンネルと呼ばれる心霊スポットがありました。

  • 沢入トンネル
  • 下仁田トンネル

など、Sのつく心霊スポットがあるようです。

ただ、古戦場とは違いますが「城下トンネル」では、昔トンネルの上は処刑場だった理など、かり曰く付きだそう..

しかも群馬県で一番事故が多いところと言われているようです。

突破ファイル 魔のトンネル

出典:http://ghost.s20.xrea.com

 

首だけの人が立っている

上半身の人が車に落ちてくる

手だけ宙に浮いている

など、幽霊の目撃情報が絶えないところで、地元の人が供養してもらうなどして、入り口には慰霊碑も立っているようです。

 

実際に撮影にいった強者がいらっしゃいました。

 

 

ただ【THE突破ファイル】 で紹介された、魔のトンネルとは違っている可能性もあるので、番組が終了しわかり次第更新していきますね。

【追記あり】THE突破ファイルの魔のトンネルは木更津のトンネル?

実際に放送している人たちによると、「木更津のアマゾンズトンネル」なのではないかという声が複数みられました。

まとめ

【THE突破ファイル】で紹介の魔のトンネルのロケ地について調査した内容をご紹介しました。

現時点では北九州市の魔のトンネルとして有名な「若戸トンネル」をご紹介しました。

また番組終了後に新たに情報が入り次第更新していきます。

突破ファイル 魔のトンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です