田中碧のレッドカードやPKの理由はなぜ?審判(レフェリー)の誤審で買収(八百長)や陰謀も?

2020年の1月15日にタイで行われている、サッカーのU-23のアジア選手権1次リーグのカタール戦で信じられない事態が起こりました。

田中碧選手の一発レッドカード退場や、斎藤未月選手のファウルでPKという審判の判定

いったいなぜこんな判定が下されたのでしょうか。

メッセージを入力

田中碧のレッドカード(ファウル)で一発退場の理由はなぜ?サッカーU-23のカタール戦

問題のシーンがこちら。

いやー、見間違いなのか何度も見返しました。どこかにレッドになる要素があるのかと。

10回以上見ましたが、素人の私が見たとしても、その全てにおいて、相手選手の脚よりも先にボールが触れていました。

もう一度言います「素人の私」が見てもです。

ただ今回のレッドカードに関しては、ボールを蹴った後で判断した可能性があるようですね。

確かにボールを触った後は、足の裏が相手選手のアキレス腱に接触しているため危険であることは確かではありますね。

また「アキレス腱に対するタックルはジャッジが厳しくなっている」ということもあってのレッドカードなのではないかという意見もありました。

審判が買収された八百長や陰謀説も?

ただ一方でこの判定には納得いっていない方も多く、買収された説や陰謀説もあるのではないかという声も上がっていました。

お金もらってるんじゃないの?と疑ってしまうレベルのことでしたからね..

これだけ謎のレッドカードが出てくれば、確かに買収も考えてしまいますね。

ただ当然ながら買収されたという情報は今のところあるわけではありませんが、過去に似たような謎な判定をする前科もあったようです。

そしてその審判は斎藤選手にも同じようにファールを出しPKを与えてしまっていました。

斎藤未月のPK(ファウル)の理由はなぜ?VARで判定した意味ある?

斉藤選手のPKをもらったシーン。

蹴られているのにファウル??と、田中碧選手のファウル以上に謎すぎる判定です。

それもPKをもらっているので、納得のいかないファウルだと思います。

ただサッカーのルール上、ボールを蹴るモーションに入っているときに足を出すといったことはファウルと取られることがあるようですね。

シュート動作に入ったということは、軸足で身体を支えるしかなく防御することが不可能です。

その動作中に(どういう状況か不明ですが、スライディングタックルしたのか、立った状態でボールを奪いに行ったのか)文面からすると前者のタックルしつつボールを奪いに行ったと考えられます。

この状況ではスピードや角度、足裏の向き等によっては非常に危険で相手競技者を負傷させる危険性もあります。

そこで、質問者のプレーをファウルとされたのでしょう。

引用:ヤフー知恵袋


今回のプレーをファウルととったのであれば、そういったことを踏まえての判定だったの可能性もありますね。

ただVAR判定もしなかったのは納得がいきませんが・・・

最後に今回のカタール戦の審判の判定に対する反応をご紹介します!

ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です