今日(1月8日)の風が強い理由はなぜ?原因は低気圧による暴風で台風は発生していない?

2020年1月8日にの今日、日本の西日本から東北にかけて強い風が吹いていますね!

台風の時期でもないのに、なぜ?と気になった方もいらしゃるのではないでしょうか。

今回は本日1月8日の風が強い理由についてご紹介します!

メッセージを入力

今日(1月8日)の風が強い理由はなぜ?原因は低気圧による暴風?


どうやら今日の風が強い原因は、先日の1月7日の朝に黄海に発生した低気圧が原因となっているようです。

この低気圧が、急速に発達しながら日本海に進み、1月8日の9時には984hPaと台風並みに成長しています。

いわゆる「爆弾低気圧」と呼ばれている状態のようです。

爆弾低気圧とは?

1月8日の風が強い理由

出典:https://news.livedoor.com 1月8日より

この爆弾低気圧がなんなのかというと以下のような特徴があります。

爆弾低気圧の特徴
急速に発達する低気圧のこと
・世界気象機関では中心気圧が24時間で24ヘクトパスカル以上低下するものを指す定義されている。
・冬には日本の東や千島近海で急発達する低気圧など
・春には日本海低気圧や北日本付近で急発達する低気圧などがある

 

この爆弾低気圧により、本日1月8日は平均20m/s以上、瞬間最大では30m/sまでに発達し、暴風の恐れがあります。

竜巻や落雷に加えて、雹(ひょう)が降ってくる可能性もあり危険な状態なので、なるべく外には出ない方が安心でしょう。^^;

また実際に風の強さを色で視覚化したサイトでは、以下のように動いてくるのがわかります。

こちら↑より、風の強さと動きを視覚的にみることができるので、参考にしてみてください。

左下の「▶️」ボタンを押すと風の動きが自動で更新されていきます。

この動きを参考にしてみると、翌日の9日の午前中までは日本列島に影響があると予想されますので、十分な注意をしてください。

ネットの反応

 

1月8日の風が強い理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です