ゴーンの保釈金(15億)の没収後の行方はどこに?誰のもので使い道は国の収入に?

日産自動車の前会長のカルロス・ゴーン氏の保釈金が全額没収されることが決定されました。

15億円というとてつもない大金だけに、この保釈金の行方はどこにいくのか気になるところですね。

今回はこのゴーン被告の保釈金の15億円の没収後はどうなるのかを調査しました!

メッセージを入力

ゴーン逃亡による保釈金の15億円が全額没収が決定!

会社法違反(特別背任)などで起訴された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が国外に逃亡したことを受け、東京地裁が、ゴーン被告が納めた計15億円の保釈保証金を没収する決定をしていたことがわかった。決定は先月31日付。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

12月30日付で保釈金の15億円全額が没収されることが決定しています。

15億円という額を捨ててまで、海外に逃亡するゴーン被告。

ただプライベートジェット機保有するなど、かなりの資産家でもあるのでゴーン氏にとってははした金額なのかもしれませんね。

ゴーン被告の保釈金(15億)の没収後の行方はどこに?誰のもので使い道は国の収入?

果たしてこの没収された15億円はどこにいくのでしょうか?

同地裁は昨年3月と4月に保釈を認めた際の条件として、ゴーン被告の海外渡航を禁じたが、ゴーン被告は無断で出国し、先月30日にレバノンに入国した。

同地裁は同31日に保釈を取り消すとともに、保釈金全額の没収も決定した。

没収された保釈金は国庫に入ることになる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

このように、没収された保釈金は雑収入として国庫に入ることになるようです。

またその用途に関しては、以下のようになっていました。

没取された保釈保証金は、国庫の雑収入(勘定科目は懲罰及び没収金)として歳入扱いになります。一般会計に組み込まれるはずですので、特に没取金特有の使途は指定されていないと思います

引用:弁護士ドッドコム

今のところ15億円は没収が決まっただけであり、使い道自体は決まっていないということでしょう。

ゴーン被告の保釈金の没収にツイッターの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です