美空ひばりのAI(CG)が気持ち悪い?口パクで違和感がひどいとの声も【紅白歌合戦】

平成から令和に移りかわり、昭和の歌姫・美空ひばりさんが人工知能(AI)の技術で復活し「第70回NHK紅白歌合戦」に登場することが話題となっていました。

CGでその姿を作り出し、30年ぶりの新曲「あれから」を披露するなど全く想像もしていない企画が打ち出されました。

ただ故人を再現することもあって、AIの美空ひばりさんには賛否両論ありました。

今回は美空ひばりさんのAIに対する意見や感想をまとめました。

メッセージを入力

美空ひばりのAI(CG)はおかしい?人形みたいで気持ち悪いとの声も

ネット上では「おかしい」や見た目もCGぽくて「気持ち悪い」「人形みたい」といった意見が上がっていました。

亡くなった人をAIで復活させることにおかしいと思う人もいて、賛否が分かれるところですよね。

こちらが美空ひばりさんの「あれから」の映像となっています

確かにCGのような違和感こそあれ、ここまで再現できる技術は正直すごいで
すよね。

美空ひばりさんで再現できたのだから、これから歌手や有名人などがCGで再現されることも当たり前になってくる時代がやってくるのかもしれません。

美空ひばりのAI(CG)が口パクで違和感がひどい?

やはり感動した人も多くいましたが、その「違和感」に関して拭えないという声も多く上がっていました。

AIやCGを駆使しているので、あくまで人が作ったものなので完全に再現することは難しいですよね..

違和感の正体は「表情」や「やり方」?

筋肉という細かいところを調整していくのは、今の所は難しいのかもしれませんね。

それこそハリウッド級のCGを駆使していけば話は別ですが、技術と予算が大変なことになりそう..

また「感動」させるために美空ひばりさんを復活させたやり方に対して違和感を覚えた方もいたようです。

歌や表情ではなく、亡くなった人が復活することで、エンターテインメントとして使われることに違和感を感じたわけですね。

美空ひばりのAIの開発や作成をした会社は?

美空ひばりさんの人工知能のCGを作成した会社は「Modeling Cafe」です。

会社が設立したのは2012年で従業員は39人ほどの、まだ若い会社なんですね。

Modeling Cafeはモデリングに特化したCG会社で、以下のようなコンセプトがあります。

細やかな分業体制により、ジャンル、表現手法を問わずあらゆるモデリングに対応致します。コンセプトデザインとモデリングを一括で提案できるのが強みで、常識にとらわれることなく新たな【価値】をモデリングしていきます。

引用:http://modelingcafe.co.jp/

なんだか難しいですが、時代に合わせて常にアップデートしていくような会社ということでしょう!

過去作品はどんな人物をつくった?

美空ひばりさん以外にどんな人物をCGを作成したのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Son nom est Imma (insta —> imma.gram) et elle est l’une des premières personnes virtuelles à avoir une « vie » sur les réseaux sociaux. Cheveux roses coupés court et parés d’une belle frange. Grain de beauté près de l’oeil gauche. Origines japonaises. Visage finement ciselé. Emma pourrait parvenir à tromper les internautes les moins aguerris tant son apparence se rapproche dangereusement du photoréalisme. Avant elle, Saya, d’origine japonaise, et Lil Miquela, d’origine brésilienne, avaient également crée la sensation dès 2016. Miquela continue de publier régulièrement des photos sur son Twitter/Instagram tandis que Saya se fait beaucoup plus discrète. Apparaissant ci-et-là lors d’évènements digitaux au nom de la société Telyuka. Dommage vu que Saya est probablement l’avatar virtuel le plus photoréaliste au monde. Pour dire, elle a même participé au concours de idols Miss ID 2018 avec une courte vidéo de présentation. Miquela, de son coté, est beaucoup plus discernable car moins travaillée. Mais revenons à Imma ! Crée par la société nipponne ModelingCafe, l’objectif, ici, est de montrer où en est la modélisation 3D en 2019. Certes, nous nous rapprochons d’un rendu proche de la vie réelle mais plus ce sera le cas, plus on remarquera la différence. Le fameux phénomène de l’Uncanny Valley… Reste à savoir quand la frontière virtuelle/réel sera dissoute pour de bon. Vivement ? #Imma #Modèle3D #Modele3D #3D #Rendu3D #ModèleVirtuel #ModelingCafe #Modélisation #Modélisation3D #Modelisation #Modelisation3D #Saya #Telyuka #ImmaMiquela #Miquela #3DCG #UncannyValley #HighTech #Avatar #Avatar3D #VirtuelReel

YZGeneration(@yzgenerationn)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

緑とピンクって合うのかも🧠 素敵な写真っ🤳✨ みんなの今日がいい日でありますように💚💙 #あたしCGらしい

imma(@imma.gram)がシェアした投稿 –

こちらのピンク色の髪の女性はCGで作られた「imma」さんとして、原宿の看板モデルとして活躍しています。

もう一度言いますが「CG」です。笑

目を疑ってしまいますね^^;

かなりの技術力ということが、素人目で見てもわかると思います。

というかCGと言われないと気づかないレベル。

美空ひばりさんのCGも、これからさらに違和感がない状態に進化していくのかもしれませんね。

美空ひばり AI(CG)

1 個のコメント

  • あー、あの会社が作ったのか

    このCGで感動する人は
    辻よりも加護のほうが好きだったろうな
    (^_^;)

    よーつべみて、2.5秒でアウト
    サイレン(初代)の、恩田みな、りさ
    を思い出したw
    歌い出す手前の、声の出る寸前に
    頬が動いたり、瞼が傾いたりするとこを
    全然研究して居ない
    あと、ひばりさんの骨格はもっと丸い

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です