井岡一翔の左腕(片腕)が茶色の理由(原因)はなぜ?色が変わってる?【大晦日のシントロン戦】

2019年12月31日に行われている井岡一翔選手とジェイビエール・シントロン選手との試合で、井岡選手の腕が茶色になっていますね。

なぜ茶色になっているのか試合を見ていて気にった方も多いでしょう。

今回は井岡一翔選手が左腕を隠している理由はなぜかご紹介します!

メッセージを入力

井岡一翔の左腕が茶色の理由(原因)はなぜ?タトゥー(Tattoo)を隠してる?

左腕を怪我したのかと思っていたのですが、どうやらタトゥーを隠していることがわかりました。

井岡さんのタトゥーには英語で文字が書かれていて

「Thougt is the blossom,
language the bud,
action the fruit behind it.」

と書かれており、

「思いは花であり、言葉は芽であり、行動はその後に実をつける」

という意味になっています。

かっこいいですね♪

この名言はアメリカの思想家のラルフ・ワルド・エマーソンさんが綴った言葉だそうです。

思想家であるラルフさんが言ったことから、発する言葉が可能性をうみやがて思いを開花させ、行動に写すことで結果としてついてくる。

そう言ったのかななんて考えました。^^

日本のボクシングではタトゥーは禁止されてる?

今回の井岡さんの腕のタトゥーをしているから隠したのだと思います。

JCBのルールでは、タトゥーをしていても見えていなければ大丈夫ということなのでしょうか。

4 件のコメント

  • 日本の文化に間違えがある。入れ墨の歴史を学べばわかる!
    大きく言うと2020のオリンピック、外国人選手のtattooは
    どうするのか?一つ一つ思いを刻んだ入れ墨‥‥
    日本の対応は?はっきりと理由を理解でき利用にのべてほしい。
    何か迷惑をかけたか?最近よく目につくサッカー選手ラグビー選手、バスケットボール選手などなど現在主役で
    皆に応援されている方々!最高です!

  • もう少し入れ墨の日本文化を知ってほしい。
    それぞれの思いを刻まれたTattoo‥‥
    今回の井岡戦においてなんだかの化粧により見えにくくしているが、単にそれがルールだから?結局は見えていますし、ただそれが試合の妨げになっていない。
    それでは、2020年東京オリンピックはどうするのでしょうか?各国のTattoo入れ墨が入っている方々をルールで縛るのでしょうか?現在偉業を成し遂げている、サッカー選手、ラグビー選手バスケットボール選手などなど、各国民が応援している入れ墨が入っている有名選手が沢山おります。どう選手や、応援している国民に説明をされるのでしょうか?
    いろいろな思いがあり、Tattooを入れている私には注目したいところです!!
    なぜダメなのか?どこがルールなのか?線引が曖昧!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です