極主夫道の実写化やドラマ化の可能性は?龍のキャストの津田健次郎が再現度高いと話題

人気漫画の「極主夫道」の実写PVが作成され、今後のドラマ化や実写化に期待が高まっています。

今回はそんな人気漫画「極主夫道」のドラマ化や実写化の可能性について調査しました!

メッセージを入力

極主夫道の実写PVで津田健次郎が龍と監督を兼務!

極主夫道の実写PVの動画が公開され話題となっていました。

津田健次郎さんが主人公・龍役を演じていおり、再現度が高く視聴者やファンからは歓喜の声が上がっています。

声もドスがきいたヤクザのような声でぴったりな配役なのではないでしょうか。

津田健次郎コメント
実写版CM『極主夫道 』の監督・主演を津田健次郎が務めさせて頂きました!

原作の魅力をパワーアップさせる実写映像を目指しました。龍を演じるのは最高!

監督としても原作のコマ割りや空気を大切に作りました!是非観て下さい!是非拡散して下さい!坂本真綾さんも巻き込んでしまった(笑)

引用:https://natalie.mu

津田健次郎さんの作品への愛が伝わって来ます。監督も務めているのだから恐れ入りますね。

これだけ再現度が高くなるときになるのが、ドラマ化や実写化はあるのかということでしょう。

極主夫道の実写化やドラマ化の可能性は?

調べてみましたが、今のところ実写化についての情報は得られませんでした。

ただ漫画がドラマ化するための条件について調べてみたところ、極主夫道が実写化される可能性は高いのではないかと考えています。

極主夫道が実写化される条件とは?

実写化するための条件として、明確な基準というものはないものの以下のような条件があるようです。

・人気がある
・短いスパンで物語の区切りがついている
・実写化しやすい (ファンタジーやSFは難しい)

といったものがあるようですが、極主夫道の場合にはどちらも当てはまるのではないでしょうか。

人気については言わずもがなですが、1〜4巻の単行本が12月時点でトータル120万部の売り上げとなっています。

ストーリー的にも特別なCGなどの映像技術を必要とするわけでもないと思うので映像化にも問題なさそうですね。

またキャストとして津田健次郎さんの龍役もハマりすぎていて、実写のイメージを損なうことなく実写化できるのも味噌ですよね!

極主夫道の実写PVはドラマ化のため?

今回YouTubeにて公開された実写PVの再現度はかなり高いですし、かなり力が入っているのがわかると思います。

エンドクレジットに表記されている作成を見てみると、多くの人が作成に携わっていることもわかります。

そう考えると漫画のPRのためだけに今回の実写PVを作成するはずはないと思うので、これからドラマ化に入るためにPRしているのかもしれません。

そして個人的にですが、、、PVだけでは勿体なさ過ぎる!笑

ぜひあのクオリティを保ったまま、津田健次郎さんが龍役でドラマを演じて欲しいです。笑

極主夫道の実写PVに対する世間の反応は?

 

極主夫道 実写化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です