【音声】中学校の教師が中2に恫喝を録音された理由はなぜ?親(保護者)が確信犯か?

京都府の八幡市にある中学校の男子生徒が、男性教師に恫喝された際の音声が録音されニュースに報道されています。

現在、男子学生は学校に通えなくなったとして、八幡市に裁判を起こしていると報じられています。

一方で音声を録音する準備の良さや、恫喝の原因が男子学生にもあったということも話題になっていますね。

中学教師の恫喝が録音された理由はなぜなのでしょうか。

メッセージを入力

【音声】中学校の教師が中2に恫喝を録音される?

八幡市にある中学校の男性教師が、中学2年生の男子生徒(14)を恫喝したとしてニュースに報じられています。

この音声の聞いてみると、男性教師が異常に怒鳴りつけ行き過ぎた指導のように聞こえますが・・・

その背景を追ってみると、男性教師のどうやら男子生徒にも原因があったことがわかります。

そして普段この先生を知る生徒からは「いい先生」という意見も出ていました。

【音声】八幡市の中学校の教師が中2に恫喝を録音された理由はなぜ?親が確信犯?

今回の件に関して、指導されているところを録音をしていたのでしょうか。

どうやら録音していたことに対して、「以前にもあったから」という理由からとしているようです。

こう考えると、必ずしも男性教師だけに非があるわけでもないように思えます。

ボイスレコーダーを親からの指示で録音したという報道は、今の所ありませんので憶測の域をすぎません。

ただこの手際の良さを考えると疑ってしまうのもおかしくないのかもしれませんね。

ただ一方で、学校側の対応にも問題が複雑化する要因にもなっているようです。

というのも、男子生徒が謝りにいったけども、女性教師が謝らなくていいとして返しているのも要因としてありそうです。

そう考えると、今回の「男子教師の恫喝」としての大事にまで至った要因としては、どちらか一方だけに原因があるわけでもないのかもしれませんんね。

中学校の教師が中2に恫喝を録音に対する世間の声

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です