倉田重臣は誰?本名や顔画像は?子供200人を代理出産の日本企業の経営者(御曹司)を紹介!

人気YouTube漫画チャンネル【ヒューマンバグ大学】より投稿された、自分の子供を200人作ろうとした日本の企業の御曹司についてご紹介します!

海外で200人の子供を代理出産させようとした日本企業の御曹司「倉田重臣」とはいったい誰なのでしょうか。

よければ最後までご覧ください。

メッセージを入力

【画像】倉田重臣は誰?本名や顔画像は?子供200人を作ろうとした日本企業の御曹司!【ヒューマンバグ大学】

この動画で紹介されている「重田光時」は仮名で、実在する人物が誰なのかというと「重田光時」という方でした。

重田光時氏の顔はこんな感じ。

重田光時

出典:https://a19750601.exblog.jp

重田光時

出典:https://a19750601.exblog.jp

動画内で登場している「倉田重臣」の人相はいかにも悪で、みたいな顔をしていますが、普通そうなどこにでもいそうな感じですね。

オラオラというような感じというかは、見た目からは内向的な印象を受けます。

重田光時が代理出産させた国はどこ?

重田光時氏が主に代理出産させてたのは「タイ」であることがわかっています。

動画内でもあるように、タイの現地メディアにもパスポートの画像とともに公開されていました。

重田光時

出典:https://a19750601.exblog.jp

またタイ以外でもインドでも他に2人の子供を産ませたという話も上がっていました。

タイのほかインドでも2人産ませたという情報もある。

引用:https://www.j-cast.com

 

また動画内では「シゲ」でしたが、実際には本名の一部「ミツ」と入れているようですね。

光時氏は女の子はいらなかったようだ。

男の子の名前にはすべて「ミツ」という発音が入っているそうだが、女の子には入っていない。

引用:https://www.j-cast.com

そして気になるのが、重田光時氏の父親が日の大企業の創設者であるということですね。

重田光時(倉田重臣)の父親は誰?光通信の創業者で資産もやばい!

彼の父親は「重田康光」氏で、IT企業大手の「光通信」の創設者ということが判明しています。

んー息子さんとはメガネという共通点はあるものの、似てなくもない?

重田康光のプロフィール

プロフィール
名前:重田家康 (しげた いえやす)
生年月日:1965年2月25日 (54歳 2019年現在)
出身:東京
最終学歴:日本大学中退
職業:実業家(株式会社光通信)
役職:代表取締役会長兼CEO

光通信は携帯電話の販売店からスタートした会社で、今ではグループ会社200社以上、連結した売上は5600億円もある大資産家ですね。

重田光時氏は、父親・康光氏の長男で「光通信」の株を100億円以上の保有していると言われています。

光時氏は長男で、「光通信」の株などを持ち、資産は100億円を優に超えるといわれる。独身の大金持ちがなぜ代理出産で多くの子供を産ませたのか。光時氏は相続税対策などといい訳しているようだが、そんな説明で納得する者はいないだろう。

引用:https://www.j-cast.com

これだけの資産があれば、一生働かなくても暮らせていけるんでしょうね…

うらやましすぎる。(>_<)

重田康光の代理出産に対する世間の反応

光通信の息子はタイという国の制度まで変えたのか…。

— HK (@select316) 2018年2月20日

でも光通信jrキモいよね。
これって体外受精なんでしょ?

— タイいきタイ (@iki_thai_yiipun) 2018年2月20日

重田光時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です