協栄ジムのオーナーは誰?名前や画像(顔写真)はある?経営者トラブルの原因か

12月7日にプロボクシングの名門である協栄ジムが活動休止することを発表しました。

原因がオーナーと金平桂一郎会長とのトラブルということで、何があったのか気になりますが・・・

金原会長とトラブルを起こしたオーナーとはいったい誰なのでしょうか。

メッセージを入力

協栄ジム(協栄ボクシングジム)のオーナーは誰?名前や画像(顔写真)はある?

プロボクシングの名門・協栄ジムが活動休止することが7日、分かった。

金平桂一郎会長が明かしたもので、9日に日本プロボクシング協会、日本ボクシングコミッション(JBC)に休会手続きを申請するという。同会長は「月曜日に協会とJBCに手続きします」と明かした。

休会理由は実質的オーナーと同会長の方向性の違いで「経営者トラブルです」と説明した。

引用:https://www.nikkansports.com

休止する理由を実質オーナーとの方向性の違いで、休止することになったようですが、名前に関しては明かされていません。

また現オーナーが誰なのかについては、ネット上で調べてみましたが特定することはできませんでした。

また協栄ジムの代表として、2015年に協栄ジムに所属し元WBA世界フライ級チャンピオンに上り詰めた、坂田健史さんが就任していたと情報がありました。

ただここでのオーナーは代表ではないようです。

おそらくオーナーとは出資者のことを指しているものだと思われます。

代表の場合には協栄ジムからの出身から選ばれましたが、オーナーはボクシング経験あった人物である必要はありません。

どちらかというと、協栄ジムに出資することで利益を得られるかどうかに対して金平桂一郎氏と折り合いがつかなかったのかもしれません。

マネージャーも経営トラブルに関わってる?

ちなみに会長と同じように、協栄ジムで権限を持っている可能性がある人物としてマネージャーがいるようです。

というのも、公式サイトに会長と並んで挨拶が記述されています。

マネージャー:嶋 聡

協栄ボクシングジム復活。

これが我々協栄ボクシングジムの現スタッフに課せられた使命だと思っております。
プロボクシングで数多くの世界チャンピオンを生み出してきた当ジムですが、近年、世界チャンピオンを生み出せていないのが現状です。偉大な諸先輩方に続く世界チャンピオンを生み出すこと。それが当面の目標です。

そして、多くの方々にボクシングというスポーツを体験していただき、その魅力を感じていただきたいという思いがあります。
ボクシングというスポーツが皆さまにとって、より身近な存在になれるよう努力してまいります。

そのマネージャーの嶋聡氏がこちら。

協栄ジムのマネージャー

出典:https://www.sanspo.com/

嶋マネージャーはボクシング界を事実上の追放処分を受けた際の亀田ジムのマネージャーでもあったようです。

それからしばらくは活動自粛後、2017年に資格が復帰されてから協栄ジムに所属していたのかもしれません。

わずか2年ほどで休止になるというのも悲しいところですね・・・

協栄ジムの活動休止は誤報?

どうやら活動休止の報道がなされた後に、協栄ジム側から活動休止の事実はないとしてコメントされていました。

本日、一部のメディアにおいて、当ジムが活動休止を予定している旨の報道がありましたが、
当ジムが発表したものではなく、活動休止を予定している事実もございません。
当ジムは、引き続き、会員の皆様に対してこれまで同様のサービスを提供してまいります。


なぜこんな重要なことが間違って報じられてしまったのか疑問が湧いてきますね^^;

現在、亀田3兄弟のいとこ京之介が在籍。22日には全日本新人王決勝(東京・後楽園ホール)を控えており「本当は決勝まで、とは思っていたのですが…。早く所属先をみつけてほしい」と話した。

引用:https://www.nikkansports.com

在籍しているプロボクサーについても、新しい所属ジムを見つけてほしいといっていることから、プロボクシングの試合などには参加しないということなのでしょうか。

報道されている内容と実際のところどうなのか、もう少し詳細を明かしてほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です