沢尻エリカが入院の病院(大学病院)はどこ?都内の新宿にある薬物治療専門か!?

特定された病院について【追記】で記述しています。

12月6日に沢尻エリカさんが500万円の保釈金を現金で支払い、東京湾署より保釈され薬物治療に専念すると報道がありました。

保釈後は黒のアルファードに乗り、都内の高速を使ってそのまま病院に向かったそうです。

今回は沢尻エリカさんが入院した病院(大学病院)がどこなのか調査しました!

メッセージを入力

【動画】沢尻エリカが入院の病院(大学病院)はどこ?都内の新宿にあると報道か?

沢尻被告側の保釈請求に対し、東京地裁は保釈を認める決定をして、沢尻被告側が保釈保証金500万円を現金で納めたため、午後7時半前に、身柄が勾留されていた警視庁東京湾岸警察署から保釈されました。

その後、沢尻被告は首都高速で都心に向かい、午後8時ごろに東京・新宿区の大学病院に入り、入院しました。沢尻被告は、「専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」とのコメントを発表しました。(06日21:16)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

 

12月6日の現時点で報道されたニュースによると「都内の新宿区にある大学病院」に入院したとの報道がありました。

新宿区にある大学病院について調べてみると・・・

都内の新宿にある大学病院
東京医科大学病院
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目7−1

東京女子医科大学病院
住所:〒162-0054 東京都新宿区河田町8−1

慶應義塾大学病院
住所:〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

などがあることがわかりました。

ただ今のところ、具体的にどこの病院に入院したのかについては報道はされていません。

沢尻エリカが入院した病院は酒井法子と同じ病院?【追記あり】

過去に薬物で逮捕され治療として入院したことのある俳優・女優が、リハビリで利用した病院を見てみると・・

酒井法子さんが都内の新宿にある病院に入院していたことがわかりました。

入院していたと言われる病院は「東京医科大学病院」となっています。

 

他にもピエール瀧さんが保釈後に利用していたと言われている「NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター」などがありましたが、大学病院ではないことから違うと思われます。

さらにASKAさんは「下総精神医療センター」というところに入院していた可能性があると言われていますが、千葉県にあるので候補からは外れてしまいます。

なので、沢尻エリカさんが入院した病院は東京都内の新宿区にある「東京医科大学病院」なのではないかと思われます。

【追記】沢尻エリカが入院した病院が特定

どうやら沢尻エリカさんが入っていった病院が新宿の「信濃町」まで報道がなされていたようです。


となると、東京医科大学病院ではなく「慶應義塾大学病院」である可能性が高そうですね。



住所:〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
電話:03-3353-1211

新宿区の信濃町にある大学病院の中では慶應義塾大学病院だけとなっています。

 

また慶應義塾大学病院は芸能人だけでなく、政治家などお偉いさん方が入院する際にも利用する病院のようで特別個室なども用意されているようです。

出典:http://www.hosp.keio.ac.jp

高い部屋だと1泊20万を超えるところもありますが・・・破産の噂まで出ていた沢尻エリカさんが今使える状況にはないと思います。

高くても特別個室の5万前後、安いところで個室の部屋の女性病棟の1万2100円の個室を使用しているのではないでしょうか。

とはいえ、一般人とは切り離している可能性が高そうなので、特別個室を使用しているかもしれませんね。

沢尻エリカの入院期間はどれくらい?退院いつになる?

薬物の治療で入院した沢尻エリカさんですが、どれくらいの期間の入院になるのでしょうか。

薬物治療で入院してきた場合には平均的に1ヶ月の治療で退院するようです。

標準的な入院期間はアルコール依存症の方が2ヶ月、薬物依存症の方は1ヶ月ですが、患者さんの病状や入院目的に合わせて個別に主治医が入院期間を設定、変更することがあります。

引用:http://seishin.kanagawa-pho.jp

ただあくまで一般的な入院期間であるので、患者や病院ごとによってもその期間はまちまちです。

日本精神神経学会の松本俊彦先生の提唱するプログラムにおいては、通院では難しい場合だと「1〜3ヶ月」の入院期間を設けているようです。

通院ではなかなか薬物使用がとまらない人の場合には、1~3ヶ月程度入院していただき、物理的に安全な環境に身を置きながら集中的に治療プログラムに参加してもらうこともあります。

引用:公益社団法人 日本精神神経学会

 

と考えると、沢尻エリカさんが入院する期間としては1ヶ月を目処に、長くて3ヶ月ほどかかるといった感じでしょうか。

もうすでに12月入っているので年内に退院するのはもしかしたら難しいと思うので、早ければ年が明けて間も無く退院するかもしれませんね。

 

専門家の指導も受けて立ち直ることをお約束します」と話している沢口えりかさん。

依存症は一生付きまとうものなので、この機にぜひ克服していただきたいですね。

沢尻エリカの病院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です