【炎上】東大の特任准教授のSNSやTwitter(ツイッター)アカウントは?中国人へ不適切発言も

東京大学大学院情報学環・学祭情報学府の特任准教授が「中国人は採用しません」や「中国人って時点で書類を落とす」などの発言をして話題になっていますね。

今回は不適切発言により炎上した東大の特任准教授のSNS・Twitterアカウントについてご紹介します。

【炎上】東大の特任准教授のTwitter(ツイッター)やSNSアカウントは?中国人は採用しません発言のツイートも

今回「中国人は採用しません」発言で炎上した東大の特任准教授「大澤昇平 」氏のアカウントがこちら。

この発言が11月20日にされたものですが、批判の対象とされているようですね。

実際に採用基準として国籍を持ち出すのは、問題にはならないのでしょうか。

大澤昇平の不適切発言に対して肯定的な見方も?

批判が多く寄せられている一方で、「中国人を採用しない」といった考えには賛成する方も見られました。

その理由としてあったのが、日本の技術の「流用を防ぐ」ためといったもの。

確かに、その視点からみると日本の財産とも言える技術が横流しされる、言ってしまえばパクられる原因になりかねないわけですね。

実態にヤフーのコメントにはこんな方がいらっしゃいました。

ただ、どちらかというと大澤氏の発言を見てみると「パフォーマンス」の面で採用しないと言ったものでした。

あくまで「差別」ではなく、仕事ができるかどうかという点での考え方だったようです。

【炎上】東大の特任准教授は大澤昇平のプロフィールは?

名前:大澤昇平 (おおさわ しょうへい)
生年月日:1987年12月26日 (31歳 2019年11月現在)
出身:福島県
高校:福島工業専門学校
大学:筑波大学三学群情報学類 北川博之研究室
大学院:東京大学大学院工学系 研究科技術経営戦略学専攻 松尾豊研究室 博士課程修了
職業:情報工学者

現在は東京大学の特任教授とする一方で、株式会社Daisyの代表取締役CEOに就任もしています。

今回の「中国人は採用しません」というのは、ご自身が代表取締役を務める会社への採用をしていないということなんですね。

学歴だけを見ても優秀な方なでですが、就職してからもその業績も素晴らしいもので、新卒でIBM東京基礎研究所に入社しわずか1年半で社長賞を受賞しています。

またメディアにも取り上げられたりと2017年には、ワールドビジネスサテライトにも出演しています。

さらには2019年9月には『AI救国論』を出版し、11月には「Abema News」にもコメンテーターとして出演するなど多岐に活躍されています。

他にもイベントには積極的に参加されており、YouTuberなどに取り上げらたりもしていました。

「AIのトーナメント」の様子がこちら。

大澤氏が登場しているのは6分14秒あたりからとなっています。

【まとめ】東大の特任准教授のSNSやTwitter(ツイッター)アカウントは?中国人へ不適切発言

今回の内容をまとめると・・

・「中国人は採用しません」発言の東大の特任准教授は「大澤昇平」氏
・大澤氏が代表取締役を務める「株式会社Daisy」の選考の話
・「差別」ではなく「パフォーマンス」の点からの発言

ということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です