工藤良(元暴走族の総長)の経歴や学歴は?高校はどこ?田川ふれあい義塾の評判や口コミは?

2019年11月18日に放送の「逆転人生」には、元暴走族の総長でありながら、現在は少年少女の更生を支援している工藤良さんが出演されます。

今回はそんな工藤良さんについて、経歴や学歴、田川ふれあい義塾の評判や口コミを調査しました。

工藤良(元暴走族の総長)の経歴や学歴は?高校はどこ?

工藤良のプロフィール!

出典:https://npo-tfg.org

名前:工藤良 (くどう りょう)
出身:福岡県田川市
生年月日:1977年4月14日 (42歳 2019年現在)
経営:NPO法人田川ふれあい義塾
最終学歴:中卒

工藤良さんは小さい頃から、「不良少年」だったと話しています。

小学生の頃から暴れん坊で、よく問題を起こしていたんですね。

その問題行動を起こしていた要因の一つとして、家庭環境があったのではないでしょうか。

 

小学2年生の頃に、ご両親が離婚し母親の元で暮らしています。

工藤良さんの母親は夜はスナックで働いたこともあり、夜にはふたつ年下の弟と怖い思いをしていたそうです。

それでも弟を守ろうと寝れなかった夜を過ごしていました。

そしてある日、工藤良さんを不良少年へ変える”きっかけ”がありました。

 

当時、工藤良さんは小柄で通っている小学校でいじめを受けていたとのこと。

しかし、いじめに耐えることができなくなり、いじめのリーダーを武器で叩いたら、クラスのリーダーになったといっています。

その翌日からは、今までのストレスを爆発させるかのようにやりたい放題の暴れ放題を繰り返しだしました。

工藤良は中学生で暴走族のメンバーに

そんな工藤良さんは、そのままエスカレートし中学2年生にして暴走族「極連会(ごくれんかい)」の、最少年メンバーなりました。

それだけには止まらず、「極連会の三代目総長」にまで上り詰めます。

 

極連会をぬけた後も、さらに犯罪にまで手を出すようになりました。

そう「薬物」に手を出す日々を過ごすようになります。

常習化した薬物が仇となり、とうとう工藤さんは逮捕されるにいたっています。

工藤良の逮捕が田川ふれあい義塾を立ち上げるきっかけに?

逮捕されたことによって、当時の仲間を同じ悪の道にひきづり込んでしまったことが罪悪感を抱きました。

そして、工藤さんは更生に向けて動き出します。

以前に所属していた、「極連会」のOBや現メンバーをなんとか説得し、チームを解散させていたんです。

それから元極連会のメンバーでボランティア団体を設立させました。

GOKURENKAI」というボランティア団体として活動を始めます。

名前が暴走族のチーム名を引き継いでいますが、内容は全く異なるものです。笑

「GOKURENKAI」は地域のゴミ拾いなどの活動を通して、周りからの非難を受けながらも地域に貢献していきました。

その3年後にはボランティアの経験を活かし、全国でも少数しかない少年少女の更生を目的とした、今の「田川ふれあい義塾」が誕生したんですね。

工藤良(元暴走族の総長)の経営する田川ふれあい義塾の評判や口コミは?

「田川ふれあい義塾」は民間の更生施設として、全国の少年少女を育成するというスタンスで活動しています。

評判はかなりのもので、メディアにも取り上げられることも多くなったそうです。

またその実績としても、田川ふれあい義塾の更生率が少年8割、少女5割とかなり高い更生率を叩き出しているんです。

ちなみに一般的な更生率は「約2割」という数字を見ても、かなり優秀な結果を残せているのではないでしょうか。

ただその性質がら、実際に利用した人たちの評判や口コミなどは見つけることができませんでした。

 

しかしながら、

2010年には内閣府からチャイルド・ユースサポート賞、2012年にはNPO法人として初となる当時の天皇陛下から御下賜金を受け取っています。

実際に利用した人の声ではないにしろ、国や団体がその活動を讃えているのであるから、その評判はよかったものに違いないでしょう。

田川ふれあい義塾に対するツイッターの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です