COCO(8歳のインスタグラマー)のモデルの年収や収入はいくら?母親(父親)のギャラも調査!

GUCCIやCHANELなどの世界のハイブランドからオファーが殺到するほどの活躍を見せる、若干8歳インスタグラマーCOCOさんが話題になっています。

世界中のブランドから仕事の依頼がくるとなると、年収収入などギャラもすごいことになっていそうですが、一体どれくらいなのでしょうか?

COCO(8歳のインスタグラマー)の年収や収入はいくら?母親(父親)のギャラは?

今どれくらいの収入を得ているのかという情報はネット上では公開されていないようでしたが、世界のブランドからのオファーとなると提示される金額も相当なはず。

海外で活躍するファッションブロガーである「Danielle Bernstein」の事例を参考にしてみました。

彼女のInstagramには2017年時点でフォロワー160万人以上もいるのですが、1枚の写真の投稿で180万円を得ていたという話もあります。

日常的に着けているファッションブランドのアイテムを、おしゃれに着こなした写真の投稿によって企業から報酬が支払われていたようです。


また日本でもインスタグラマー「MOYA」さんの場合をみてみると、Instagramのフォロワーは94万人で年間600万円も稼ぐと言われています。

出典:https://www.instagram.com

MOYAさんの場合はプロトラベラーというカメラ、インスタ、海外をテーマにした女性向け雑誌との契約を結んでいるようです。

COCOさんも海外のハイブランドからの依頼が多いということなので、かなりの額を稼いでいるのではないでしょうか。

国内外のインスタグラマーの年収をみてみると・・・

・海外の有名なインスタグラマーの年収:1000万円〜2000万円
・日本の有名な芸能人インスタグラマーの年収:500万円〜1500万円
・稼いでいる一般のインスタグラマーの年収:300万円〜1000万円
引用:https://heikinnenshu.jp

とあるので、COCOさんの場合には日本や海外でも活躍しているので、1000万円以上はゆうに超えているのではないでしょうか。

COCO(インスタグラマー)の両親の年収は?

COCOさんの父親はバイヤーをされていて、原宿でお店を出しているようです。

バイヤーの平均年収をみてみると以下のようになっていました。

・25〜29歳で300〜350万円
・30〜34歳で400〜450万円
・35〜39歳で550〜600万円
引用:https://careergarden.jp

ただ原宿でずっとお店を経営していることや、COCOさんのInstagramの影響力を借りていたとすると、両親の収入も1000万円は超えていてもおかしくはありませんね。

なにせGUCCIやCHANELといったブランドが、COCOさんの影響力を借りたがるくらいなので相当な売り上げが期待できるという意味に他ならないわけですからね。

ご両親とCOCOさんの収入を合計するとかなりの額になっていることは間違いでしょうね。

【まとめ】COCO(8歳のインスタグラマー)のモデルの年収や収入はいくら?母親(父親)のギャラを調査!

COCOさんの年収は1000万以上は固く、ショップ経営をするご両親の年収も1000万以上はあるでしょう。

まだ8歳という若さでこれだけ稼ぎたすCOCOさんですが、成長するに伴ってファッションのテイストも変わっていくと考えると、数年後どうなっているのかだ楽しみです^^

では最後までご覧いただきありがとうございました。

coco インスタグラマー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です