東京で霧が今日でている原因(メカニズム)や理由はなぜ?いつまでに消えるか時間を調査!

本日10月30日の明朝に東京で濃い霧が発生していましたね!

サイレントヒル状態ということで話題になっていて、ハロウィン前もあってドキドキしました^^

そして気になるのが、なぜ東京で霧が発生していたのかということですね。

そこで今回は、今日東京で発生した原因(メカニズム)や理由なぜなのか調査しました!

東京で霧が今日(10月30日)でている原因や理由はなぜ?

今日の東京の霧の原因

出典:https://twitter.com

どうやら今日の東京の【晴天と気温の低下】が原因とのことみたいです!

また今回の場合は「放射霧」という現象ということが発表されていました。

気象庁によると、放射霧は雨が降った翌朝に晴れて地表が急速に冷えると発生する。

東京スカイツリー(東京都墨田区)の周辺でも霧が広がり、幻想的な光景が見られた。

引用:https://www.yomiuri.co.jp

何それ、放射霧ってなんか怖いと思ったのは私だけではないはず。笑

放射線とか含んでるの、って、不安を駆られてしまいます。^^;

ただ、まあ実際はそうういうわけではなく、あくまで霧の種類の名前なんですね。

放射霧ってなに?

夜になって気温が下がり、地面の表面から「熱が放射」されて地面が冷えると、地表から近い空気も同時に冷やされるんですね。

そうすると大気中にある、水蒸気が霧として排出されるわけなんです。

こうして「地面の熱の放射」のメカニズムよってできる霧を【放射霧っていうんですね。

でも、地面が冷えて、地面近くの空気が冷やされて霧ができるのはなぜなんでしょうか。

霧ってどうやってできるの?発生メカニズムは?

霧が発生するには「暖かい空気」が冷えることによって発生するんです。

空気はその性質上、暖かい空気には水分量が多く含まれていて、温度が低くなると少なくなってくるんですね。

この暖かい空気が冷やされるとどうなのか?

空気中の水が目に見えない小さい状態から、見える水粒の状態になるんです!

イメージとしては「結露が空気中」で起きているっていった感じなんでしょうかね。

冬にあったかい部屋と寒い外の間をしきる窓にできる水滴が、空気中で起こっているような感覚なのかなとお思います^^

東京で発生した霧が晴れる時間は?

正確な時間は今の所発表されていませんが、13時半現在で晴れているといった声も出てきています。

また霧の性質上、あったかくなると目に見えない状態に戻ってしまうので、気温が上がるにつれて見えなくなってくると思います。

なので、短寿命なサイレントヒル状態だったわけですね。

ハロウィンの朝にこの霧が出ていたら、盛り上がりもヒートアップしそうな感じでもありますね^^

東京で霧が今日(10月30日)でている原因(メカニズム)や理由まとめ

本日東京で濃い霧が発生したということで、その原因やメカニズムについて、ご紹介しました。

「放射霧」という、心配になるような名前ですが、あの放射線ではなく「熱の放射」ということでしたね。

ハロウィン前で雰囲気にはぴったりですが、視界が悪くなってしまうので事故にだけは気をつけたいですね。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

今日の東京の霧の原因

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です