宮城大弥(ひろや)の球速の推移や変化球(球種)はいくつ?持ち球の種類とともに調査!

興南高校の宮城大弥(ひろや)投手が、2019年のプロ野球ドラフト会議にて、オリックスが外れの外れで1位で交渉権を獲得されましたね。

今回はそんな宮城大弥投手の球速推移変化球球種などの持ち球いくつあるのか、などの能力値について調査しました!

宮城大弥(ひろや)の球速の推移!

出典:https://twitter.com

中学時代から日本代表も経験しており、今回のドラフトでも1位で指名されるほどの注目度からも宮城大弥投手への期待値がわかりますね。

そんな宮城大弥投手の持ち味といえば、そのずば抜けた球威をもつ「ストレート」でしょう!

2019年の春には149キロを記録し、150キロの大台まであと一歩というところに迫っています。

2019年現在の最速149キロとなっていますが、その急速に至るまでの推移を見てみると・・・

中学2年の時ではすでにMAX139キロをマークし、

高校1年生の時点では3キロアップのMAX142キロ

翌年の高校2年の時にはMAX143キロでしたが、

高校3年の今年には大きく飛躍しMAX149キロにまでなったわけですね。

1年で球速6キロもアップさせるなんて、相当な鍛錬をつんだに違いありません。

そして飛躍を遂げた年に行われたU18の日本代表として登板された際のシーン。

中学からU15などにも代表として選ばれていることもあって、マウンドでの度胸も素晴らしくアメリカ代表を相手に臆することないピッチングが目を見張ります。

そして宮城大弥投手の武器はストレートだけでなく、その変化球にも注目されていたんです。

宮城大弥(ひろや)の変化球(球種)や持ち球の種類はいくつ?

宮城大弥投手の持ち球はストレート以外にも、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を持っています。

その中でも特に110キロ台の「チェンジアップ」の精度が大きく飛躍したこともあり、対戦するバッターには球を絞らせない幅広いピッチングに期待ですね。

このゆるいチェンジアップを右打者のインコースなどに織り交ぜることにより、アウトコースの真っ直ぐが球速以上に感じさせるでしょうね。

さらにチェンジアップを使うことにより、宮城大弥投手のストレートに並ぶ武器「スライダー」も、さらに活きてくるんですね。

130キロ近くのスピードで、キレのある落差はスカウトの目にも評判が高いものになっていたわけですが、そこにチェンジアップが加わることで特に右バッターにとっては脅威となりました。

そんな宮城大弥投手は、あの日米野球球トップクラスのダルビッシュ有投手からもべた褒めのお墨付きをもらうほど!

あのダルビッシュ投手にここまで言わせる宮城大弥投手・・・

これからのプロでの活躍が楽しみすぎますね。笑

宮城大弥(ひろや)の球速の推移や変化球(球種)などの持ち球まとめ

今回はドラフト会議でオリックスに1位指名された宮城大弥投手について、ストレートの急速の推移や変化球などの持ち球についてご紹介しました。

あのダルビッシュ有投手にも太鼓判を押されているだけに、これからがさらに楽しみな投手ですね!

これからのさらなる活躍・成長を応援しています!

では最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です