木下優樹菜のタピオカ店の営業妨害や恫喝による法的措置で罰金や賠償金はいくら?

タレントのユッキーナこと木下優樹菜さんが、タピオカ店「#ALLRIGHT」に対してのトラブルが話題になっていますね。

木下さんがご自身のInstagramの投稿が発端となり、営業妨害になりかねない状況となっているとのこと。

そこで今回は営業妨害にあたるとどうなるのか、罰金がいくらになるのかなどについて調査しました。

木下優樹菜がタピオカ店の営業妨害(恫喝)の内容

実際に木下さんがInstagramに投稿した内容がこちら。

出典:https://twitter.com

といった投稿をされていました。

この投稿が発端となり、タピオカ店「#ALLRIGHT」にはバッシングが相次ぎ、オーナーさんは体調を崩されお店を休むことになったとのこと。

お店には写真を勝手に撮る者が現れ、ネット上には「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みであふれた。

そのためA店をしばらく閉めたという。X氏は体調を崩してしまった。

引用:https://news.livedoor.com

木下さんが個人が経営する店舗に対して投稿した内容は、一部の事実もしくは行き違いがあったものとなっていた可能性が高いですね。

例えば、

・給料もちゃんと払われず、給料明細もない

・姉が盗んだ犯人扱いされた

・メールをしても返信すらない

などありましたが、実際の店舗側からもこの件について説明がなされていたようです。

7月分はお支払いしました。『8月と9月の分をお支払いするのでお店に来てほしい』と伝えたのですが、来店しないので、9月30日付で口座に振り込んだのです。明細も『郵送しますね』と伝えたら『わかりました』と返答があったので郵送しました

・食品衛生責任者』のプレートがなくなったんです。それを警察に相談したところ『まずは合鍵を持っている方に確認して』と言われたので、Yさんに聞くと『犯人扱いされた

引用:https://news.livedoor.com

など、メールに返信が来ないということに関しても、その内容がタメ口であったり、おばさん呼ばわり、ましや事務所総出でくるといった内容のため話し合いにならないと判断されたとのこと。

ただこれによって、お店が被害を被ったのは事実としてありますね。

ではそれによって営業妨害となれば、罰金や罰則などはどれくらいになるのでしょうか。

木下優樹菜がタピオカ店を営業妨害(恫喝)で罰金はいくら?

実際に調べてみると、もし営業妨害として法的措置に出るのであれば「業務妨害罪」というものにあたりそうです。

またその中でも「偽計業務妨害」というもので、以下のように記されています。

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

引用:https://www.fuhyo-bengoshicafe.com

刑罰なので懲役の可能性もあり、50万以下の罰金もあるということですね。

またこの「偽計業務妨害」に関しては、

・虚偽の風説:客観的な真実とは異なること。

・流布する:不特定多数の人に情報を広めること。

・偽計を用いる:人を欺いたり誘惑したり、または人の錯誤や不知に乗じること。

・他人の:個人でも法人でも、機械に対しての行為も適用。

・業務を妨害:今回で言えば営利目的のお仕事を妨害すること。

参考:ネット誹謗中傷弁護士相談

こういった要素に分けて考えることができ、これは「ネット上の書き込み」に対しても成立するとのこと。

今回の木下さんのケースに関しても、もし仮にお店側が営業妨害として法的措置に動く場合には、上記のような罰則にあたる可能性が考えられますね。

木下優樹菜のタピオカ店の営業妨害や恫喝による法的措置で罰金や賠償金まとめ

今回は木下優樹菜さんがタピオカ店に対して行った行為で、営業妨害に当たれば罰則や罰金がいくらになるのか調査しました。

今回の件でお店がわも被害を受けたわけなので、今後のお店側の動向に注目が集まってきますね。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です