篠原輝利(ロードレース)の学校はどこ?高校や中学とともに調査!

現在高校生の篠原輝利(しのはら きり)さんが、若干高校生ながらロードレースの最高峰ツールドフランスの総合優勝を狙っています。

そんなすごい篠原輝利さんですが、現在フランスにある名門チームに所属しているとのこと。

「え、学校はどこいってるの?」と思う方もいるかと思います。

そこで今回は篠原輝利さんのプロフィールとともに、通っている高校や中学など学校を調査しました。

篠原輝利(ロードレーサー)のプロフィール

出典:http://athleteyell.jp/shinohara_kiri

名前:篠原輝利 (しのはら きり)

生年月日:2003年4月1日 (16歳)

所属:USSA パヴィリー バロンタン


名前がすごく難しいですが、「しのはら きり」というんですね。

テルヨシかなと思いきや、キリという今風でカッコイイ名前です。

忍たま乱太郎のキリ丸が思い浮かんだのは私でしょうか。笑

「きりちゃん」と呼ばれている篠原さんを勝手に想像してしまいます^^

篠原輝利(ロードレーサー)の学校はどこ?高校や中学も

出典:http://athleteyell.jp/shinohara_kiri

そんな篠原さんですが、現在フランスの名門チーム「USSA パヴィリー バロンタン」に所属しているとのこと。

となると、フランスの高校通ってるの??

と思いきや、日本の通信高校でカリキュラムを受けながら、3ヶ月ごとにフランスを行き来する生活を送っているとのこと。

なぜ、日本とフランスを行ったり来たりする生活を送ることことを選択したのか。

篠原さんは中学は、茨城町立明光中学校の出身でした。

その茨城にはフランスではなく、関東の自動車競技のある高校に通うのが普通考えそうですよね。

ですが、中学生当時からすでに照準は「世界」を定めていました。

そして選んだのはフランスの名門チームに籍を置きながらも、高校に通える方法「通信教育」を受けること。

世界で活躍する選手には、通信の高校を通う人が多いですが、篠原さんもその1人というわけですね。

そして今カリキュラムを受けている高校は「第一学院高等学校」。

この学校では、早くから海外で活躍しているアスリートが多く排出されています。

例えば、サッカー選手の久保健英選手などもその1人。

しかも篠原さん、通信制のカリキュラムを受けつつ、現地の語学学校に通う予定でもあるんです。∑(゚Д゚)

スポーツだけでなく、勉学までしっかりとこなすまさに文武両道といった感じですね^^

篠原輝利(ロードレーサー)の学校などの高校や中学まとめ

今回はロードレーサーの篠原輝利さんについて、通っている学校がどこなのか高校や中学などについてご紹介しました。

若干16歳ながら世界で活躍することに照準をあてていて、今後ますます活躍が期待される選手ですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です