台風19号の雨雲の動きは?雨雲レーダーから降水量や関西の週末や三連休の影響を予測!

2019年10月5日に発生した台風19号が、日本に直撃する見込みと報道されています。

週末の12日から13日にかけて、最接近があると予想されていますが、その雨雲の動きも気になるところですね。

そこで今回は、台風19号の雨雲の動きを雨雲レーダーから降水量を予測とともに、関西への影響を予想しました。

【画像】台風19号の雨雲の動きや降水量を雨雲レーダーで確認

まずは10月8日時点で出ている、台風の進路予想を確認しておきましょう。

12日から13日にかけて関西に急接近する見込みであることがわかりますね。

【画像】台風19号の雨雲の動きや降水量 ※10月7日21時時点

気象庁の数値予報を画像処理した「GVP気象予報」を参考に見ていきましょう。

※この図は10月7日21時時点のものとなっていますので、現在と変わっている可能性に注意してください。

10月11日においては、6時間毎の雨雲レーダーの動きをご紹介していきます!

画像の見方として、右側の色がついた1〜80までのメモリが雨量となっています。

単位は1時間あたりの降水量を「mm/h」で表しています。

メモリの上の方の赤色ににいけばいくほど降水量は多くなり、激しい雨となっていきます。

【画像】台風19号の雨雲レーダーの動きや降水量 ※10月7日21時時点

気象庁の数値予報を画像処理した「GVP気象予報」を参考に見ていきましょう。

※この図は10月7日21時時点のものとなっていますので、現在と変わっている可能性に注意してください。

10月11日においては、6時間毎の雨雲レーダーの動きをご紹介していきます!

画像の見方として、右側の色がついた1〜80までのメモリが雨量となっています。

単位は1時間あたりの降水量を「mm/h」で表しています。

メモリの上の方の赤色ににいけばいくほど降水量は多くなり、激しい雨となっていきます

1枚目の画像を例にすると、10月11日の午前9時時点では台風の中心地は、黄緑色(10-20mm/h)が大部分を占めており、部分的に黄色(20-30mm/h)・オレンジ色(30-40mm/h)となっていますね。

出典:http://weather-gpv.info/

そして6時間後の18時の時点がこちら。

関西圏に雨雲が差し掛かっていて、紫色〜水色の雲が覆っていることがわかりますね。

降水量としては1-7mm/hといったところでしょうか。

出典:http://weather-gpv.info/

さらに6時間後の10月12日の24時の様子がこちら↓。

徐々にこの時間帯から雨足も強まってくるかと思います。

和歌山あたりではすでに黄緑色(10-20mm/h)の雲で覆われており、ザーザーとやや強い雨が降っているころでしょう。

出典:http://weather-gpv.info/

さらに6時間後の午前6時が↓こちら。

この時には雨雲レーダーが黄緑(10-20mm/h)→黄色(20-40mm/h)が関西に差し掛かり始めていますね。

黄色の段階だとどしゃ降りの感覚となっています。

出典:http://weather-gpv.info/

さらに6時間後の12日の正午がこちら↓。

この時には雨雲はさらに北上しており、関西での雨足は徐々に収まってくるのではないかと思います。

出典:http://weather-gpv.info/

次のこちら↓の画像は3時間後の15時となっています。

雨雲はさらに北に移動を早めていますね。

この時点では、関西圏の雨もさらに緩くなっていることでが予想されます。

出典:http://weather-gpv.info/

さらに3時間後の画像がこちら↓。

引き続き雨が降っている地域もありますが、ピークを過ぎていることから、さらに雨足は弱くなると予想できますね。

出典:http://weather-gpv.info/

ここを見ると関西では、12日の深夜24時から、お昼までに雨量はピークを迎えるものと予想されます。

※ただこれはあくまで【10月7日21時時点で出た予測値】ということに気をつけてください。

【動画】台風19号の雨雲レーダーの動きや降水量のモーションで確認

先ほどは気象庁の予報数値を元にした画像によるものでしたが、さらに視覚的に確認することもできます。

こちらではイギリスのEuropean Centre for Medium-Range Weather Forecasts(ECMF)を元にしたデータとなっています。

こちらの動画では常に自動で更新されるので、最新の情報が確認できるのも特徴の一つです!

参考にしている情報が違うので多少、上記の静止画像と異なるのでご了承ください。

こちらでは左下の再生ボタンを押したら、動き出します。

また下の色が付いている部分が降水量と、その目安の色になっているので、ご確認ください。

この下のメモリでは赤〜紫が最高ですが、さらに実際に動いている雨雲の赤色の内側の白部分は、それ以上という風に判断してください。

つまり、30mm/h以上の降水量となっていることになるので、かなり激しい雨となるので、厳重に注意が必要です。

台風19号の雨雲の動きや雨雲レーダーから関西の降水量を推測まとめ

今回は台風19号の雨雲の動きを雨雲レーダーから関西の降水量の推測をしました。

関西においては、12日の深夜からお昼にかけてピークを迎えるものと予想しています。

今回の台風19号は記録的な大雨になることも予想されるので、厳重な注意をして備えましょう。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です