【動画】ラグビーのイタリアがレッドカード(反則)のシーン!南アフリカ戦で危険タックル!

10月4日に行われたラグビーワールドカップのイタリアと南アフリカとの対戦で、イタリアの選手が危険なタックルをしたとして三試合の出場停止が言い渡されました。

今大盛り上がりの紳士のスポーツ・ラグビーなだけに、どんな反則が行われたのかが気になるところですね。

そこで今回はラグビーのイタリアが反則を受けた危険タックルのシーンの動画を探しみました。

スコットランド戦の審判の顔

リッチーが田村と乱闘(ケンカ)の理由や原因はなぜ?経緯やいきさつを調査!

2019年10月14日

【ワールドカップ】ラグビーのイタリアがレッドカード(反則)のシーンの動画!

今回イタリア選手が行った危険タックルのシーンの動画がこちら。

この動画内で1分15秒あたりから、その問題となるタックルがあります。

笛が鳴りプレーが止められているにもかかわらず、イタリアの2選手が南アフリカの選手を持ち上げ、頭から地面に落としていますね。

素人目でみても、かなり危険なプレーであることは間違いありません^^;

これによりイタリアの2人の選手のうち1人は一発レッドカード退場となり、2人が3試合出場停止となっています。

また反則をしなければ、トライも奪えるだけでなく、さらには最大7点となる可能性もあっただけに、イタリアにとっても痛恨のプレーとなったようです。

それから結果として、大量失点まで許してしまっているんですね。

ただこのプレーで退場を受けた選手は、かなり反省し事の重大さに愕然としているとの報道もありました。

「本当に愚かなことをした。あそこでトライを決めていたら、結果は違っていたかもしれない。攻めていた場面でのレッドカードだったので、精神的な打撃は大きかった。あのレッドカードで試合は終わった」と頭を抱えた。8強進出を狙うチームにとって、悔やみきれないプレーとなった。

引用:https://the-ans.jp/rugby-world-cup

南アフリカのフェルミューレン選手の選手生命だけでなく、首の骨が折れていたら命に関わるプレーだっただけに心配ですね^^;

【ワールドカップ】ラグビーでイタリアがレッドカードに対するネットの声

スコットランド戦の審判の顔

リッチーが田村と乱闘(ケンカ)の理由や原因はなぜ?経緯やいきさつを調査!

2019年10月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です