【スカーレット】オープニング(OP)の粘土(土の人形)はCG?本物かクレイアニメかを調査!

本日9月30日より、朝ドラ「スカーレット」が始まりました!

そして一番最初に目にするオープニングの粘土の人形のアニメーションが話題になっていますね。

そこで今回はスカーレットのオープニング(OP)が本物なのかCGなのかを調査しました!

【朝ドラ・スカーレット】オープニング(OP)の粘土のアニメはCGか本物?

こちらのオープニングの粘土の人形が踊っているところですね♪

主人公が大人へと成長していく様子を粘土で再現していて、シンプルですけど朝ドラにふさわしい爽やかなものになっていましたね!

そしてふと、これ本物の粘土?CG?と思った方も多いのではないでしょうか。

オープニングの粘土の映像は本物なの?

実はこれ、本物の粘土とCGどっちも!という可能性が高そうです

ん?、となりますよね^^;

というのも、こんな情報がありました。

おーなるほど、本物の粘土を使ったコマ撮りのアニメーションね。

「うわぁまじか、すげえな、飛んでる鳥とか、炎の浮いてるところとかどうしてるんだろ」

と、疑問に思っていたら、こんな情報も・・・

今回の朝ドラ「スカーレット」のOPのアニメーション映像を担当したのは、川村真司さんという映像クリエイター。

この方、「ピタゴラスイッチ」や「オチビサン」も手がけているんです。

ちなみに「オチビサン」はこんな感じ。

確かにスカーレットのオープニングの映像とテイストが似ている感じもします。

と、話を戻して、スカーレットでは川村真司さんのCGを使ったアニメの可能性が浮上したというわけなのです。

なるほど!

基礎となる部分は本物の粘土で表現して、そこにCGを付け加えたアニメーションということですね。

そういうわけで、スカーレットのオープニングの粘土のアニメは本物でありCGでもある可能性が高い、というわけです!

ここ最近は映画でも実際に人が演技をした後にCGで加工する技術も主流になっているので、可能性としては十分ありえますね。

【朝ドラ・スカーレット】オープニング(OP)の粘土のアニメは本物かCGかまとめ

今回は朝ドラ「スカーレット」のオープニング(OP)の粘土のアニメが本物かCGかを調査しました!

公式から公表されているわけではありませんが、本物の粘土にCGで加工した可能性が高いと考えています。

実際にオープニングもストーリー仕立てになっていて、本当に爽やかな気分で本編をみれますね♪

また詳細がわかれば追記していきたいと思います!

では最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です