菊池梨沙(りさ)が書いた小説のタイトルは何?内容やあらすじなどを調査!

TOKIOの城島茂さんの結婚のお相手の菊池梨沙(りさ)さんが、官能小説を書いていたということで、どんな小説なのか興味が湧いた方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は菊池梨沙さんが書いた小説のタイトルとともに、内容やあらすじについて気になったので調べてみました!

菊池梨沙(りさ)が書いた官能小説のタイトル名は何?

出典:https://twitter.com/0603_risa

官能小説ということもありタイトルもすごいものとなっているんです。笑

そのタイトル名が、

「蜜の味。~支配と従属~」

前半はまあ普通、後半で一気にタイトルが官能感を醸し出すという作りに。

正直、後半のワードでなんでも官能に聞こえてきそうです。

菊池梨沙(りさ)が書いた小説の内容やあらすじは?

そんな「蜜の味。~支配と従属~」の内容とは、

主人公の女性が男性と契約し、女性が契約者である男性のペットのような主従関係になっていく・・

 

といったもの。

そして菊池さん自身がモデルとなって、その内容を具現化したグラビアのワンシーンを織り交ぜながらのものとなっているみたいです。

菊池さんがこの女性を思わせるようなポーズをとった写真なども、小説の内容には含まれているということですね。

これは外でみたらあかんやつです。笑

私は外で小説のワンシーンを見ていましたが、周りの目が気になって10秒以上は開けませんでしたよw

布団の上でセクシーに寝ているところや四つん這で水をかけられているシーンなど。

そりゃあもう、見ているところを見られたらと思うと気が気ではありません。笑

ちなみにこちらから、菊池梨沙さんの小説とグラビアのワンシーンを見ることができますよ。

→菊池梨沙の「蜜の味。~支配と従属~」のワンシーンはこちらをクリック

 

くれぐれも外出時に見るのはお気をつけください。

菊池さんきれいすぎるんですが、外だと集中して見ることもできないので、家にいるときにゆっくりと楽しんだ方がいいですよ。笑

菊池梨沙(りさ)が書いた小説は購入できる?通販サイトを調査!

実際に菊池さんの小説を購入できるか探しみましたが、どうやら「レンタル」という形で楽しむことができるようになっているみたいです。

その内容とは、

7日間レンタル:1080円(税込)

となっていました。

ただプレミアム会員になると756円になるみたいですね。

まあ中々のお値段でお高い気もしますが、紙として残らないのはある意味隠しながら楽しむにはうってつけかもしれません。w

菊池梨沙(りさ)が書いた小説のタイトルや内容まとめ

今回は菊池梨沙さんが書いた小説のタイトルと簡単な内容をご紹介しました。

「蜜の味。~支配と従属~」という菊池さんがモデルとなって、小説のワンシーンを想像させるかなり刺激的なものになっていましたね。笑

結婚されたということで、今後はこういったものはなくなってくるんじゃないかと思うとレアなものじゃないかと思います。

ぜひこの機に手にとって楽しんでみてはどうでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

菊池梨沙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です