貴ノ富士(たかのふじ)の引退や解雇の可能性は?罰則や厳罰の内容も調査!

本日、貴ノ富士関(たかのふじ)が付け人に暴力を振るったとして、秋場所の謹慎休場が決定しました。

貴ノ富士は今回で2度目の暴力ということで、処分は重くなることが予想され解雇や引退の可能性が噂されています。

そこで今回は貴ノ富士の引退や解雇の可能性や厳罰の内容について調査しました!

貴ノ富士(たかのふじ)の引退や解雇の可能性は?

現状、処分の内容は公表されていませんが、以下の内容が公表されています。

今後、コンプライアンス委員会で処分が決まるが、繰り返しの暴力に、解雇など重い処分が下される可能性もある。

発表した芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「残念というよりは遺憾。協会は暴力との決別宣言をしている以上、繰り返すことが重い。何のために研修などで教育しているのか分かっていない。八角理事長(元横綱北勝海)も『大変遺憾』と話していた」と、語気を強めて話した。聞き取りなどによるコンプライアンス委の調査が終わるまで、暴力の詳細は明かされないが「外傷はない」(芝田山部長)という。病院にも行っておらず、被害者力士や家族が、警察に被害届を提出する予定はないという。

引用:https://www.nikkansports.com

これから処分の内容は決まってくるわけですが、前回よりも処罰の内容は重くなることが予想できますね。

暴力は決して許されることではありません。

ましてや2度もとなると尚更でしょう。

ですが、ファンにとっては引退するのかどうか、ということについて心配な部分もありますよね。

実際に多相撲では暴力沙汰で引退になった力士も多いので尚更です。

過去に暴力を振るったことを発端に引退しいてった力士たちをみると、

・横綱・朝青龍

・横綱・日馬富士

など記憶にも新しい力士がいるかと思います。

番付は違っているので、比較するのは難しいですが、その処罰は重いものであることがわかりますね。

また暴力といっても朝青龍の場合には相手の鼻の骨を骨折させ、日馬富士は頭に怪我をさせています。

今回の貴ノ富士に関しては暴力を振るった付き人に外傷がなく病院にもいっていません。

もちろんだからといって、今回被害者である付き人の心身に受けた痛みが軽いものという訳ではありませんが、処罰の判断をする上での考慮する点にはなるかと思います。

貴ノ富士関の厳罰や罰則の内容は?

前回の暴力沙汰があった際には謹慎処分を受けました。

今回は流石に前回よりも重い処罰になるかと考えられるので、謹慎以上の処罰になると予想されますね。

また前回の暴力沙汰の際には、貴乃花親方が引き止めたこともあり、引退には至りませんでしたが、こんなことを言っていたことがわかりました。

貴乃花部屋関係者によると、貴公俊は暴行した夜、宿舎で親方に叱責され号泣。「親方に申し訳ないことをした。引退させてください」と申し出たが、貴乃花親方は「おまえは辛抱が足りない。休場しろ」とたしなめたという。

引用:https://www.zakzak.co.jp

前回は引き止めた貴乃花親方が同じように引き止めてくれるかというと疑問ではあります。

貴乃花親方は、当時の暴力沙汰の為に親方の階級で最も低い年寄に降格にまでになっていることを考えると、今回のことはいっそう残念でなりませんね。

もしかすると、自分から引退を決意する可能性も考えられます。

貴ノ富士(たかのふじ)の引退や罰則まとめ

今回の貴ノ富士関の付け人に対する暴力の引退の可能性や罰則の内容についてご紹介しました。

今のところ発表がされるまで待つしかなさそうですが、「引退」の可能性は十二分にあるというのが現状です。

これからを楽しみにしていたファンにとっては悲しい出来事となりましたが、もし可能性があるなら付け人に謝罪はもちろんながら、更生し行動で示していって欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です