夜回り先生(水谷修)うつ(鬱)の可能性やホームページ閉鎖の真相は ?復帰の可能性はある?

夜回り先生と親しまれている水谷修氏のHPが閉鎖するということが話題になっていますね。

最後に公開されたHPの記事の内容は「うつになってしまったのでは?」と心配してしまうような内容となっていました。

そこで今回は夜回り先生こと水谷氏のうつや復帰の可能性について調査しました。

夜回り先生(水谷修)のうつ(鬱)の可能性は?

今までたくさんの方の相談にのり励ましてきた夜回り先生。

そんなスペシャリストである水谷氏が逆にうつになってしまうことがあるのでしょうか?

結論からいうとあります。

当然ながら、人間誰しもうつになる可能性はあります。

その例としてうつ病などの精神疾患を専門にする精神科医やカウンセラー。

そんな心の医者ともいえる方であってもうつになるケースはあります。

うつ病で親友を亡くし、精神科医を志した。だが、うつ病治療への思いの強さが、自分自身をもうつ病に追い込んだ。休まなければいけないとは分かっていても、うつ病になっていることは分かっていても、うつ病ゆえにそれを否定してしまった…。

引用:https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1104-t3/201202/523538.html

そして誰しも人の相談にずっとのっていると精神的に疲弊することはあるでしょう。

相談とは別のものになりますが、愚痴だって聴き続けていると負の感情が伝染してきますよね。。

しかもそれを長年に渡って続けていたと考えると、精神的なダメージは蓄積していったことが予想されますね。

夜回り先生(水谷修)がHPを閉鎖した真相は?

https://twitter.com/preciousyuumin/status/899357683760771072?s=20

今回閉鎖した理由については、投稿された記事内に出てくる「疲れた」となんども出てきていますね。

8月21日にはこんな投稿がありますね。

私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか。
誰かから聞いて私に相談。
でも、それは哀しい。
ただひたすら続く何百本の日々の相談。
私の本を読んでくれればそこに答えが。

疲れました。

引用:http://www.mizutaniosamu.com/blog/010diary01/jq_3.html

この文章からわかるように、「自分がやっていること」に意味を見出せなくなっていることが感じられますね。

自分の元に相談に来る人たちが本を読んでいない。

そういった人たちの相談に何百本と続く相談、これからもずっと続いていくかと思うと希望が無くなってしまうのも無理はないでしょう。

自分が相談にのって一人一人相談に乗ることには限度がある、

だからこそ多くの子供達、人たちを助けるという目的の元で本を執筆したことでしょう。

毎日続く大量の相談、そしてこれからも減らないであろうと悟り疲れてしまったのではないでしょうか。

夜回り先生(水谷修)の復帰の可能性は?

今のところ復帰については何も語られていません。

ただしばらく休養が必要であることは誰の目からも明らかですね。

もしうつとなっているのであれば、焦らず暖かく見守っていくしかなさそうです。

もちろんこれを機に引退する可能性も十二分にあります。

逆に復帰する可能性もあります。

過去には武田鉄矢さんや勝谷誠彦さんといった、芸能界で有名な方が長年うつの状態から復帰した事例もあります。

とはいえ骨折や怪我とは違い復活するまでに、人によってかなり左右されるものだと思うので見守っていくしかないですね。。

夜回り先生(水谷修)のうつ(鬱)や復帰の可能性まとめ

今回は夜回り先生のHP閉鎖をうけてうつや復帰の可能性について紹介しました。

結論としては公表はされていませんが、うつになっていてもおかしくなく、復帰の可能性についても明らかになっていません。

今まで何百、何千人も人たちの助けになってきた夜回り先生の功績は間違いなく、未来ある子供達の希望となっていたと思います。

今はゆっくりと休んでご療養していただきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です