列車の波でサーフィンできる国や場所はどこ?人工の波(サーフランチ)は一般人も利用可能か調査!

列車が水の上を走って作られる波に乗ってサーフィンをするシーンが映画みたいでかっこいいとTwitterで話題になっていますね。

サーフィンファンなら、こんなかっこいいこと一度はやってみたいと思うでしょうね。

そこで今回はこのツイッターで話題になっている列車のようなもので波を作り出す施設はどこなのか調査しました!

【Twitterで話題】列車の波でサーフィンできる国や場所はどこ?

まずは話題に上がっているこちら動画を確認してみましょう!

列車のような電車のような機体が作り出す波に乗っているところが本当にかっこいいですよね^^

まさに映画のワンシーンのような映像です。

そしてこの施設がどこにあるのか調べてみたところ、

サーフランチ」という施設でアメリカ合衆国カリフォルニアのレモー(lemoore)という場所にあることがわかりました。

近くでサーフィンしているところを観戦もできるみたいで、ここで行われた大会の様子が動画でありました。

その動画がこちら。

他にもこんな動画もありました。

ただ英語で喋っているので、何を言っているのかはわかりませんが、見ているこちらも楽しくなるサーフィンですね^^

この人工ウェーブを起こす「サーフランチ」は一般人でも利用できるのでしょうか。

サーフランチは一般人でも利用できる?

このカリフォルニアのレモーにあるサーフランチでは、

プロサーファーの育成の施設となっているようで一般人の利用は難しそうです。

サーファーの養成所って日本ではあまり聞かないですが、海外では割と多くあるのでその団体向けに貸し出しているといった感じでしょう。

施設の数も少ないことも一般人には貸し出すのが難しい要因の一つであることは考えられますね。

ちなみに貸し出しのお値段は10万円くらいするとのこと。

値段的にも一般人にはかなり高く設定されていますね^^;

海外へ行くだけでも10万くらいかかるので、ここでサーフィンするためにはいくら何十万単位が必要になりそうですね。

となると、少しでも経費を抑えるために日本にはないのか?というところでしょう。

日本には人工サーフィン施設ないの?

日本には似たような施設がないのか調べてみたところ、

千葉県木更津市で「サーフランチ」の建設計画が立っていることがわかりました!

今のところ完成予定は2020年の3月末とのこと。

ですが元々は2019年の12月に完成予定となっていたのが遅れているので、もしかしたら予定が先延ばしになる可能性もあります。

またこの千葉県のサーフランチですが、東京オリンピックの会場の代替候補としても上がっているみたいですね。

列車の波でサーフィンできる国や場所まとめ

Twitterで話題に上がっていた列車の波で引き起こす波でサーフィンをしている場所は、アメリカのカリフォルニア州レモー「サーフランチ」ということで紹介いたしました。

日本でも2020年3月末に完成予定となっているので、サーフィンファンにとっては待ち遠しい期間になりますね^^

ぜひ完成されたら足を運んで、映画のようなシーンを体現してみてはどうでしょうか^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です