渋野日向子(しぶこ)の方言はどこの地域?喋り方(話し方)が千鳥ノブと似ていると話題に!

ゴルフでは男女を通じて42年ぶりの優勝という偉業を成しとげたことで渋野日向子さんが注目されていますね。

そして注目を浴びているのはその業績だけでなく、その話し方も注目されていますね。笑

そこで今回は渋野日向子さんの方言はどこの地域のものなのか調べてみました。

渋野日向子(しぶこ)の方言はどこの地域の言葉?

渋野日向子さんの優勝会見で「なんでじゃろ」「なんじゃろ」という特徴的な言葉を連呼していました。

これが千鳥ノブさんと似ていると話題になっていますが、この方言は「岡山弁」です!

実際に「なんでじゃろ」と言っている記者会見がこちら。

19分あたりに日本のどんなお菓子が好きなのかを聞かれあたりから、「なんじゃろ」が始まります。笑

またハキハキと話しながらたびたび見せる笑顔がかわいくて素敵ですねえ^^

そして会見自体が一つのコンテンツとしてジョークも笑いを誘うものが多く面白くみていられますね。

ちなみに岡山弁の特徴としては文末に「〜じゃ」「が」などがついたりします。

個人的に面白かったのは「すごい」が岡山弁では「もんげえ」というのが好きです。笑

今後のインタビューやスポーツ番組で岡山弁を色々しゃべっているのを聞かせてくれるといいですね^^

渋野日向子さんのプロフィール

本名:渋野日向子(しぶの ひなこ)

生年月日:1998年 11月 15日

出身:岡山県岡山市

兄弟:姉と妹

血液型:AB型

身長:165cm

趣味:ソフトボール、習字

所属:RSK山陽放送

引用:日本女子プロゴルフ協会

やっぱり岡山出身なんですねえ^^

 

渋野日向子(しぶこ)の「なんでじゃろ」に対する世間の反応

https://twitter.com/reiko404/status/1158366656248176642?s=20

https://twitter.com/acfJVefWWYRYmXg/status/1158369429542936576?s=20

渋野日向子の方言まとめ

今回男女を通じて42年ぶりの優勝ということで注目を集めている渋野さんですが、人柄も明るく笑顔が素敵な方ですね♪

また女の子がいうと可愛い岡山弁を使っているあたりもファンの心を鷲掴みにするポイントではないでしょうか。笑

ルックスも実力も兼ね備えた渋野さんは、日本に帰国してからはインタビューやスポーツ番組に引っ張りだこになることは間違い無いでしょうね^^

これからますますご活躍していけるように応援しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です