アオノリュウゼツラン日比谷公園の開花はいつまで?花が散る開花時期を調査!

今千代田区の日比谷公園で開花している幻の花「アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)」。

30年〜50年に1度しか咲かないアオノリュウゼツランが開花しているとなれば、見たいけれどいつまで咲いているのか気になりますよね。

そこで今回は日比谷公園のアオノリュウゼツランがいつまで咲いているので調査してみました!

アオノリュウゼツラン日比谷の開花の期間はいつまで咲いている?

アオノリュウゼツランが咲いている期間は「半月ほど」との情報がありました。

なので、7月18日に開花が観測されていることから、
この日比谷公園で咲いているアオノリュウゼツランが咲いている期間は、

7月末から8月の頭くらい」までではないでしょうか。

とはいえ生き物なので、半月といっても長くなったり短くなったりもします。

ですが、花が咲いている期間はもうそこまで長くないので、見逃したくない方は急いだ方がいいですね。

それに関東へ台風がくることが予想されていることから、

台風の影響を受ければ花が散って再度咲くかどうかはわかりません。

台風直後の開花状況はまた公園に連絡してみた方がいいかもしれませんね^^;

追記:7月31日現在まだ咲いているとの情報がありました。

ポケモンGOでポケモンを目的とする方達も多く来られているみたいです^^

https://twitter.com/fuji_iiotoko/status/1156319643570622464?s=20

 

アオノリュウゼツランは日比谷公園のどこにある?

日比谷公園でアオノリュウゼツランがある場所は、第一花壇というところにあるみたいです!

ここですね。

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1−1

ペリカンの像がある噴水を目印にするといいです!

アオノリュウゼツラン日比谷公園の成長の過程

日比谷公園のアオノリュウゼツランの成長の過程をご覧ください!

確かに花芽が出てくるまで巨大なアスパラそのものです。笑

ということで5月末からとはなってしまいましたが、アオノリュウゼツランの成長過程ということでご紹介させていただきました。

アオノリュウゼツラン日比谷公園いつまで?まとめ

今回はアオノリュウゼツランの開花の期間が半月ということで、「7月末から8月頭」までと推測しました。

しかし台風の影響があるので、もっと早くに開花が終わってしまう可能性もありそうです。

30〜50年に1度しか咲かず、しかも1度咲いたら全てのエネルギーを使い果たし枯れる。

なんとも日本の趣を感じぜずにはいられない咲き方だと思います。

メキシコ原産なんですけどね。笑

一生に一度見れるか見れないかのものだと思うので、ぜひ目に納めて楽しみましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です