吉本社長(岡本昭彦)の減俸の額はいくら?50パーセント減俸後の年収や使い道は?

本日吉本興業の岡本昭彦社長が記者会見を開き、宮迫さんや田村さんに対して処分の撤回を発表しました。

加えて、自身の1年間の給料を50%減額するといった表明をしました。

そこで今回はその減俸額がいくらなのかや減俸した差額分は何に使われるのか調査してみました!

吉本社長(岡本昭彦)の減俸後の給料や年俸はいくら?

実際に岡本社長の給料が公開されている訳ではありませんが、

一般的な社長の給料は平均して約6500万円(賞与込み)ほどと言われています。

その額を岡本社長の給与として考えた場合に、50%とすると約3200万ほどとなるでしょう。

とはいえ、これはあくまで一般的な社長の平均給与を元にした訳なのでもう少し深く考えてみると、

吉本興業の2009年時点での年商500億、純利益は6億ほどとのこと。

今はさらに利益を拡大させており、2018年時点で7.1億円という情報も。

参考:https://kigyolog.com/company.php?id=577

そして現在の吉本興業の資本金や社員数がこちら。

出典:https://www.yoshimoto.co.jp

また年商1000億円のジャニーズ事務所では従業員は130名と吉本興業よりも少なめで、ジャニーさんは年収9億円ほどあったと言われています。

ジャニーさんの年収を元に、吉本が現在年商600億と仮定して考えると。。

9億×600/1000×130/865として計算すると、岡本社長の年収は約8600万ほど。

そこから50%とすれば、4300万ほどでしょうか。

私はこの額でも十分に高い給料をもらっているような気もしますがどうでしょうか^^;

これでも月に400万弱の給料があると考えたら不自由なくらせそうです。笑

吉本社長(岡本昭彦)の50%減俸した分の使い道は?

こちらも公表などは今のところされていませんでした。

しかし、現状では吉本興業に対する印象やイメージはかなり悪いといっていいでしょう。

そんな場合に考えることといえば、イメージアップとなる行いでしょう。

実際に、今回問題の発端となった謹慎処分を受けている芸人さんたちは「ヒカリ」というライングループを作り、慈善活動などをしていくといった話をしていたこともわかっています。

そう考えるならば、その減俸した分を慈善活動を行うことでイメージアップを図っていくのではないでしょうか。

もしくは芸人ファーストと発言していたことから、芸人たちへの何かしらの形で還元していくということも考えられますね。

なので、この減俸の差額分の額としては「慈善活動」「芸人たちへの還元」といったイメージアップとして使われるのではないかと予想します。

吉本社長の1年の減俸への世間の反応は?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です