工藤志昊(孫正義 育英財団)の経歴や学校はどこ?スピーチやレクチャー動画(youtube)を調査!

今ネット上で天才少年・工藤志昊(くどうしこう)君が話題になっていますね!

小学五年生の時に英検一級やその次の年には国際プログラミングコンテストでは最年少ファイナリストを取るなど異次元の活躍をしている天才児です。

こんなすごい子が日本にいると思うのなんだか誇らしいですね^^

ちなみに名前読めましたか?私は工藤志の後の漢字が全く読めませんでした。笑

くどうしこう君と読むらしいですよ!

今回はそんな工藤君の学校や経歴、スピーチ・レクチャー動画などを調査していました!

工藤志昊(くどうしこう)君の通っている学校や経歴は?

気になるのがこれほどの天才児が通っている学校ってどこなんだろうというところでしょう。

今調べてわかっているのは千葉県の松戸市にある公立の小学校に通っているということです。

今のところ具体的にどこの小学校に通っているかはわからないのでわかり次第更新したいと思います。

経歴は?

孫正義育英財団に2期生として所属している工藤君は6歳の時にはすでに小学校英語コンテストに10位に入賞するほどの素晴らしい活躍をされていました。

ところが原因などはわかっていませんが、小学4年生の時に学校に通うことができなくなっていたようです。

それから猛勉強をし五年生の時に英検一級を獲得するに至ります。

そして何と言っても驚いたのは、その翌年には国際プログラミングコンテスト最年少ファイナリストとなっているんですよね。

いつも成績が悪かく赤点ばかりだった私からしたらかなり異次元なレベルです。笑

その後も世界セキュリティコンテストでは学生ランキング3位入賞を果たしています。プログラムの勉強を始めたのが9歳からとのことなので、3年ほどでの世界で通用するまでに至ったということでしょうか。

そして今はソフトバンクの孫正義社長やイーロンマスク社長のような起業家になるためITを通して社会をよりよくするために、さらに猛勉強をしてるとのことです。

工藤志昊(くどうしこう)くんのスピーチやレクチャー動画をユーチューブで調査!

工藤くんはスピーチやレクチャー動画を制作し発信もしているようなのですが、どんなことを発信しているのかについて調べてみると、弁護士ドットコムというYouTubeチャンネルで動画を投稿されていました!

投稿自体は2年前から始まっているみたいですが、最初のスピーチ動画を撮ったのが5歳であることがかなり衝撃的です。笑

声は可愛らしいですが、しっかりと英語を話されていて発音もすごく綺麗です。私は英語わからないので字幕をみないと何を言っているかわかりません。^^;

ズラーッと投稿されている動画を見てみると、AIの講座や憲法、進化論、クレジットカードなどの大人顔負けの内容を発信しているようです。

AIの講座をしてると聞いて動画を開いてみたらびっくりしました。

図を交えて、なんと説明まで英語でされているようです。

ちなみに字幕がないので何を言っているかわかりませんでした。笑

そしてそれだけでなく公園でゴミ拾い活動をするなど本当に素晴らしいですね。

この公園に訪れる外国の方達とコミュニケーションを図っている動画もアップされ、実践を通して英語を鍛えていたの様子がわかります。^^

身振り手振りを交えて立派に話している瞬間が凄すぎです。

 

まとめ

今ネットで話題になっている工藤志昊君について学校や経歴、実際のスピーチやレクチャー動画を調べてみました。

将来は孫正義社長やイーロンマスクなどの大起業家たちのように世界中に大きく貢献できるようになりたいのが彼の夢だそうです。

そのためには努力を惜しまない彼がどんどん活躍していけるように祈っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です