楽天の送料無料で出品者(出店者)の負担額(手数料)はいくら?

楽天が全店舗の送料統一という新たな出品者を奴隷とする企画を打ち出しました!

出店者側にとって手数料地獄なのに、送料負担を出品者に間違いなく課す事になる訳ですが・・・それってどれくらいの金額になるのか他店舗を参考に計算してみました。

楽天の送料の全店舗統一の出品者の手数料いくら?

Amazonを引き合いに出して計算してみた結果ですが、手数料として上乗せされんのは大体・・・商品価格の8%くらいになるんじゃないかなぁと予想してます。

何を根拠に出したんだ?って話ですが、比較対象として持ってきたのはAmazonです。

楽天で1番の使用層は30〜40代の女性な訳で、価格帯は正直かなり幅がありますが、安い物と高い物を引き合いに出してみました。

で、2つ商品を見てみたんですが、

この口紅なんですが、Amazonで販売をすると手数料はこうなります。

販売価格:1296円
・出品手数料 130円
・出荷手数料 226円(Amazon配送サービス使用場合)

出荷手数料つまり送料部分で見ると商品代金の約1割を占めています。

Amazonの場合、自分の商品をAmazonの倉庫に保管しておいて、売れたらAmazonが勝手に倉庫から取り出して配達してくれます。

つまり、その手間賃と送料双方が合わさって226円になっている訳ですが、大半はAmazon側が配達会社に払う送料部分なはずなので1割じゃなくて8%かなぁと算出したってことですね。

もう1つの商品を見ても同じです。

販売価格:3499円
・出品手数料 350円
・出荷手数料 376円(Amazon配送サービス使用場合)

こっちも約1割くらいが送料負担として課されていますね。

送料無料のしわ寄せは出店者となる奴隷制度

送料無料とは言っても購入者が無料なだけで、しわ寄せは必ず出品者に傾きますからね。

間違いなく値上げをするしかなくなり、値上げをすれば安い価格で購入になれた消費者は不満を覚え、安い所を探し出す。

その結果として、売れないから出店者が価格を下げまくって価格が暴落するっていうスパイラルが見えますし、Twitterでもめちゃくちゃそんな声あがってましたね。

手数料上げられても批判すればアカウント消される怖さから何も言えないし、ただ奴隷のように従って終わり。

実質1回は貯金38円までなって終わっている人がいるのも見ると、まぁAmazonとか楽天って結構ブラックだよねって普通に思いますね。

↓↓Amazonで稼ごうと思ったら貯金38円への地獄見た話↓↓

でも

Yahooのコメントで送料無料なんてやらなくていいから!って言ってる人いるから、楽天も考え直すんじゃない?

 

って思うかもしれないですが、結構厳しいんじゃないかなって思いますね。

 

そもそも楽天とかAmazonって安いことに価値がある場所ですからね。

高かったら別にそこで買う必要はないわけですし、同じ商品が全員売ってたら、比較する箇所ってもう価格しかないわけです。

 

ただ価格だけで勝負すると粗悪品が紛れ混んだりする訳で、動画で話されているように、出品者の締め出しっていうのも同時に強化されているので、いろいろ規制がさらに強まりそうな感じはします。

楽天がないと売れないっていう依存状態が、そもそも問題

結局、Amazonとか楽天って集客もしてくれるし信頼も担保されている訳だから売れはしますけど、要は使い方次第って事だと思うんですよね。

うまく使えばAmazonや楽天を活用出来るし、一歩間違えば、Amazonや楽天の奴隷と課す。

とは言ってもアカウント消されて、売上下がるのが怖いから口答え出来ないっていう状況ができちゃう訳ですね・・・

なんでもそうですが、それがないと稼げないっていう依存状態が1番まずいわけで、今回の楽天の送料の件の裏に、出店者側の実情が垣間見えた感じがします。

楽天はこれから色々システムを整えて、送料無料にする為には値上げしないといけないのはわかってる。

だから、輸送業者と楽天が契約してこんな制度を作ったから皆使え!普通よりは安いぞ!(手数料は取るけどな)みたいな制度も中に入れてきそうな感じがするなぁって雰囲気がプンプンします。

結局のところ、自分で集客して販売出来る。それが1番、精神的にも良いんだろうなと色々な闇を見ていると感じますね・・・ただそれが1番難しいんだとは思うのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です