歯がしみる場合の対処法は?痛い時やなかなか治らない時に治す方法やオススメの薬も

今回は歯がしみる場合の対処法について調査してみました!歯がしみてしまうと、痛くなってしまい最悪の場合頭痛を発生させたりと、厄介な存在でもありますよね。

歯は一生の宝と呼ばれるほど大切なので、大事にしておきたい物でもありますよね。

歯がしみてしまう場合の対処法だけではなく、そもそもの原因やオススメの薬なども一緒にご紹介していこうと思います。

歯がしみる場合の対処法は?

歯がしみてしまう場合の対処法には、原因によって様々です。冷たい物を食べた時だけに起こる人や、逆に熱い物を食べてしみる人、さらには風に当たると染みるひとなど、症状の重さによっても変わってきます。

自然治癒でそのまま治ればいいですが、そうはいかない場合や繰り返してしまう事もあり、口臭の原因にもなってしまうので注意が必要です。

まずは、歯がしみてしまう原因を詳しく知ってそれに対する対処法をご紹介していこうと思います。

歯がしみてしまう原因は?

歯がしみてしまう原因は、大多数が「知覚過敏」と「虫歯」によるものです。知覚過敏とは良く耳にする言葉ですが、この原因は歯ブラシの使い方が間違っている事によって歯の根っこがすり減ってしまっていたり、歯茎が痩せて下がってしまっている事が原因です。

歯の肉がなくなり、歯根が表面に出てくることによって神経に刺激が伝わりやすくなり、しみて痛いと言う感覚が生まれてしまいます。

他にも、虫歯が出来ている時にはその部分に穴が開き、神経がむき出しになっているので歯ブラシや酸味の強い物などでも刺激を受けてしみてしまう事があります。

歯がしみる場合の対処法その1:詰め物

では、実際に歯がしみてしまった場合の対処法についてご紹介していきます。まずは詰め物で対処する方法です。

虫歯の場合には、神経がむき出しになっている事によって痛みを感じてしまうので、その部分を保護してあげるのが1番早い方法です。

また、知覚過敏の際にも根元が削れている部分を詰め物で保護してあげる事で症状を和らげることが出来ます。

歯が削れたままの状態でいると、しみるだけではなく汚れが溜まりやすくなり、どんどん悪化するので放置しないようにしてください。

歯がしみる場合の対処法その2:知覚過敏用歯磨き粉

お次は知覚過敏用の歯磨き粉を使う事です。市販でも売られていますが、知覚過敏用の歯磨き粉には硝酸カリウムが含まれており露出している歯の主体となる象牙質をカバーしてくれる働きを持っています。

なかなか病院に行けず、自宅でケアしたい人には日頃から知覚過敏用の歯磨き粉を使うのがオススメです。

歯がしみる場合の対処法その3:コーティング剤

最後はコーティング剤を使う方法です。これは病院での治療となりますが、露出した象牙質を保護するので比較的症状が早く和らぐことになります。しかし、時間経過とともに効力が薄れてくるので定期的に治療する必要があるので、時間とお金がある人にはいい方法です。

自宅で知覚過敏用の歯磨き粉を併用するのもオススメです。

歯がしみて痛い時にはどうするべき?

歯がしみて痛く、どうしようもない場合にはなるべく刺激を与えないことを心がけるようにしてください。

1.強い力で歯磨きしない

2.熱い物・冷たい物を避ける

3.甘い物を避ける

4.歯ぎしりをしない

日常生活では気を付ける事ができますが、意外と見落としがちなのが就寝時です。歯ぎしりを毎日している人は、歯を削っている事になるので進行が早くなります。

マウスピースで保護するなど、歯ぎしりで余計に歯を削らないように注意するようにしてくださいね。

歯がしみてなかなか治らない時はどうなってる?

歯がしみる中にも、症状によって進行具合が異なってきます。

1番進行して虫歯になっていると、「歯がうずく」ような感覚が出てきます。最悪、歯の神経を取り除く処置をしなくてはならないので注意してください。

その前段階で起こるのが、噛んだ時だけしみて痛い・特定の物を食べた時だけしみる事です。

噛んだ時だけしみて痛い場合も、神経に異常がある場合が多いです。特定の物を食べた時だけの場合は知覚過敏が1番有力だと考えられるので、まだまだケアの余地はあります。

自分がどんな症状をもっているか、また進行していないかもチェックするようにしてくださいね!

歯がしみる場合のオススメの薬は?

では、歯がしみる場合のオススメの薬も一緒にご紹介していこうと思います。

歯がしみる場合のオススメの薬その1:コートアセス

引用元:https://www.amazon.co.jp/

知覚過敏用の歯磨き粉として売られているコートアセスは、ジェル状になっていてあっさりした使い心地で人気の商品になっています。

10日ほど1日5回の歯磨きで症状が改善された人もいるほど、即効性にも優れている商品なので信頼できますね!

知覚過敏だけではなく、口内炎や歯周病の予防にもなるので持っていて損はないアイテムです。

歯がしみる場合のオススメの薬その2:シュミテクト

引用元:https://www.amazon.co.jp/

こちらも知覚過敏や歯周病予防の歯磨き粉ですが、ドラッグストアではどこでも置いているほどの有名な商品な上に値段も安く手に入れやすいので、継続して使う事ができます。

知覚過敏で病院に通っている人も、医師からオススメの歯磨き粉と言われて使っている人もいるほど信頼された商品になっているので使ってみる価値はありますね♪

歯がしみる場合のオススメの薬その3:塗って寝るだけジェル

引用元:https://www.amazon.co.jp/

最後はその名の通り、塗って寝るだけのジェル状の物です。

歯磨きに加え、このジェルを塗る事で歯茎や歯を保護する働きを持ちます。味もグレープやオレンジなど6種類が販売されており後味が悪かったりすることもないので、子供~大人まで一緒に使えるのも嬉しいポイントです。

寝ている間に、口の中に最近が溜まってしまうのでこちらを使ってケアしてあげるのもいいですね♪

歯がしみる場合の対処法に関する世間の反応

最後に、歯がしみる場合の対処法に関しての世間の反応もご紹介していこうと思います。


虫歯かと思っていたらそうではなかったり、自宅でケア出来る場合ももちろんあるので様子を見て病院に行くのもいいかもしれませんね!しかし、眠れないほどの激痛を伴う場合などは異常をきたしている場合があるので我慢せずに治療するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です