部屋が寒い場合の対策は?窓や床に出来る暖房を使わずに暖かくする方法をご紹介

今回は部屋が寒い場合の対策について調査してみました!寒い冬、暖房をかけ続けると電気代も馬鹿にならないし、乾燥で喉を傷めてしまう事もあるのであまりつけたくない‥と言う人も多いのではないでしょうか。

そんな時、お金もかからず暖房をつけずに乗り越える方法はないのかを調べてみます!

どこから寒い風は入ってきてしまうのかを知って、対策する事によって少しの暖房だけでも暖かくなったり、暖房をつけずに過ごす事が出来るようになるかもしれませんよ!

部屋が寒い場合の対策は?

外気が寒くなってくると、どうしても部屋の温度も下がってしまいます。更に、換気扇を回していると風が起こったり外気が侵入してくるので余計に寒くなりますよね。

部屋で分厚いコートを着るわけにも行かず、お風呂上りなどせっかく身体が温まっていてもすぐに冷えてしまったりして代謝も落ちるなど、健康・ダイエット面でも良くないことが起こってしまいます。

まずは、どこに部屋が寒くなってしまう原因があるのかを探ってから暖房を使わずに対策する方法をご紹介していこうと思います。

部屋が寒くなってしまう原因は?

部屋が寒くなってしまう原因の約50%は窓から暖かい空気が逃げている事が原因です。その他、床・壁・天井からは10~20%の暖かい空気が逃げてしまうなど、部屋の中に色々と原因があるのですね。

壁などにどんなに断熱材が使われていても、大半の空気は窓から逃げてしまうのでそこを対策するのが一番いい方法と言えます。

さらに、フローリングは肌に直接触れる部分になり、冷たい空気は下に溜まる習性があるのでより冷たさを感じる事になります。窓・床への対策が部屋を暖かくするのに効果的だと言えます。

窓に対策をして暖房を使わずに部屋を暖かくする方法

では初めに、窓への対策で部屋を暖かくする方法をご紹介していこうと思います。今回は、

・プチプチを使う

・アルミシートを使う

・断熱シートを使う

・カーテンを使う

の4種類について詳しくご紹介していこうと思います。

窓への対策で部屋を暖かくする:プチプチを使う

まずはプチプチを使う方法です。梱包する時に使用する材料ですが、断熱にも効果を発揮してくれるのです。プチプチを窓に貼る事で、中に入っている空気が層になり室内の熱が逃げるのを防いでくれる役割を果たします。

もともと、空気は熱を逃がしにくい性質を持っているのですが、空気の層を作ってあげる事によってさらに室内の熱が外に逃げるのを防いでくれるのですね!

大量に仕入れる事も出来、少しだけ試してみたい場合には100円ショップにも売っているので気軽に購入する事が出来るのも嬉しいポイントです。

窓への対策で部屋を暖かくする:アルミシートを使う

お次はアルミシートを使う方法です。レジャーや防火グッズとしても有名ですが、素材の特性上保温効果に優れている為、窓に貼るだけで室内の空気を逃さずに対策する事ができます。

アルミシートの保温は繊維毛布の5~6倍ともいわれているほど保温効果が高く、部屋の空気を逃さないようにするにはもってこいですが、窓全面に張りつけてしまうと外が見えなくなってしまうのがデメリットです。

窓への対策で部屋を暖かくする:断熱シートを使う

お次は断熱シートを使う方法です。アルミシートやプチプチ同様、空気の層を作ってくれるため外に暖かい空気が逃げないようになります。

断熱シートはホームセンターやインターネットで購入する事が出来、比較的安価で手に入る為そこまでの出費になる事はありません。

更に、断熱シートの中でも半透明タイプの物が売られているので窓全面に貼っても外の光が遮断されてしまう事もなく、生活に支障が無いのも嬉しいポイントです。

外に暖かい空気を逃さないようにする上、結露が付きにくくなっているのでお掃除面でも役に立ちますよ♪

窓への対策で部屋を暖かくする:カーテンを使う

最後はカーテンを使う方法です。通常のカーテンだと、光を遮断する事が主な目的ですが厚いカーテンにするだけでも熱を逃さない効果は変わってくることがあります。

更に、丈が短く隙間ができている場合にもそこから空気が漏れてしまっている可能性があるので、ぴったりサイズの物を選ぶようにしましょう。

しかし、カーテンも安い物ではないので買い替えるのはちょっと‥と言う方は、プチプチや断熱シートをカーテンの裏に張り付けるのもオススメです。カーテンを閉めている時だけの保温効果になってしまいますが、窓の光を遮る事もないので夜が特に寒くて耐えられないと言う人にはいいですね。

床に対策をして暖房を使わずに部屋を暖かくする方法

窓に対しての対策をご紹介してきましたが、お次は床に対しての対策をご紹介していこうと思います。

床への対策は、

・マットを使う

・カーペットを敷く

・ルームシューズを履く

の3種類について詳しくご紹介していこうと思います。床は窓ほど空気が逃げない場所ですが、足元が冷えると全身が冷えてしまうのでここにも注意を払っておくのが良いですね!

床への対策で部屋を暖かくする:マットを使う

まずはマットを使う方法です。小さいお子さんが居る家庭などではよくつかわれていますが、ジョイントマットやコルクマットを敷くことで対策する事ができます。

ジョイントマットやコルクマットにはEVA樹脂と言う素材が使われており、人体に無害である上に断熱効果も高くなっているので保温効果を発揮してくれるのが特徴です。

また、カラーバリエーションも豊富で汚れも落ちやすいので、掃除の面でもインテリアの面でも重宝するアイテムですよ♪

床への対策で部屋を暖かくする:カーペットを敷く

お次はカーペットを敷く方法です。通常のカーペットだけでも多少フローリングの冷たさをしのぐことができますが、更にホットカーペットにすれば足元を暖かくすることができます。

しかし、電気代はかかってしまうのでそこがデメリットですが暖房と違い乾燥などで体調を崩す事もなく、足元から全身を温める事が出来るので末端冷え性などの人にはもってこいです。

しかし、カーペットの中でも断熱効果の高い物・低い物があるのでよく素材を見てから購入するようにしてくださいね!

床への対策で部屋を暖かくする:ルームシューズを履く

最後はルームシューズを履く方法です。一番簡単に出来る上、ルームシューズを履くだけで身体の温度か0.6度上がるとの調査結果が出ているほど、簡単な割に効果は高い物と言えます。

最近ではスリッパの中でも、足首まで温めてくれるタイプの物も売っているのでそういった物を購入すれば冷える心配もなく快適に過ごす事が出来ます。

部屋が寒い場合の対策に関する世間の反応

色々な方法をご紹介してきましたが、最後に部屋が寒い場合の対策に関しての世間の反応もご紹介していこうと思います。


寒がりな人も多く、外の気温より部屋が寒いなんて場合もありますよね。いくら暖房温度を高く設定していても部屋が温まらないのには必ずどこかに理由があるので、しっかりした対策をするようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です