筋トレをしていても体重が減らない場合の原因は?取り入れた方がいい運動や食事対策も

今回は筋トレをしていても体重が減らない原因について調査してみました!ダイエットで身体を鍛える為に筋トレをする人も多いですが、頑張っている割には体重が減らない‥なんて経験はないでしょうか?

そんな時は体重が減らない原因がしっかり存在しています。その原因と、効率良く筋トレをしながら体重を減らす為に必要な要素も一緒にご紹介していこうと思います!

筋トレをしていても体重が減らない原因は?

筋トレは本来、身体の筋肉を発達させ免疫を上げたり脂肪を燃やしやすい身体にする為に行うものです。筋肉があれば持久力もあがり体力も付くので、何かと健康にはいいメリットばかりですね。

しかし、ダイエット目的でただ筋トレをしていても体重が減らないと言う事が起こります。

その理由は、

・筋肉が脂肪より重いから

・効果的な筋トレをしていないから

・基礎代謝が下がっているから

の3つの理由が大きく挙げられます。それぞれの詳しい原因と、対処法をご紹介していきます!

筋トレをしていても体重が減らない原因その1:筋肉は重い

まずは筋肉は脂肪より重いからです。体重の数値だけを見ている人にとっては、いくら脂肪が筋肉に代わって身体は健康になり細くなっても数字だけで減っていないと思いがちです。

さらに、筋トレをし始めてから体重が減るのは2か月後くらいが目安と言われており、その間は今まで使われていなかった筋肉を呼び起こす予備期間となっています。もし、体重が減らないと感じる場合は体脂肪や見た目の変化が分かるように写真で撮るようにするのもモチベーションが上がっていいかもしれませんね!

筋トレをしていても体重が減らない原因その2:効果的ではない

お次は効果的に筋トレが出来ていないと言う事です。筋トレを毎日行うのは逆効果で、2~3日に1回するのが良いと言われている他、筋トレ後3時間ほどは成長ホルモンが分泌されており体脂肪を分解してくれる働きがあるので有酸素運動を入れると、より効果的に脂肪を燃やし筋トレの効果を発揮する事ができます。

筋トレをしていても体重が減らない原因その3:基礎代謝が落ちている

最後は基礎代謝が落ちていると言う事です。始めたばかりの人に起こりがちですが、筋肉がつけばつくほど基礎代謝も上がり、脂肪が燃えやすい身体になっていきます。

今まで使っていなかった筋肉が多い分、それを呼び起こすのにも時間がかかりその間はまだ基礎代謝も低くなっているままになります。

更に、筋肉は糖質がエネルギーとなる無酸素運動なので糖質を取っていなければエネルギー源も少なくなるのでたくさん頑張って筋トレをしていても思うように筋肉が付かず、基礎代謝が低いままになってしまいます。

筋トレで減るのは体重?体脂肪?

筋トレで重視しなければならないのは、体重ではなく体脂肪です。脂肪は身体を守る役割がありますが、見た目ではたるんで見えてしまいます。

引き締まったボディラインを作る為には、ほどよく筋肉をつける事は何よりも重要です。

脂肪は筋肉の1.22倍の面積があると言われているので、筋肉が1kg減って脂肪が1kg増えるだけで見た目は大きく変化してしまいます。

身体を構成するのは筋肉、脂肪、水分、骨なので、それぞれの値をしっかり把握する事が重要ですね!

筋トレをしていても体重が減らない場合の対策は?

筋トレをしていても体重が減らない原因が分かった所で、より筋トレをして効果的に筋肉をつけボディラインを引き締める為にはどうしたらいいのでしょうか?今回は食事編と運動編に分けてご紹介しようと思います。

無理な筋トレをしてしまうと腰や肩を痛めてしまう事があるので、負荷が少ない中でも食事とプラスする運動で筋肉をつける力を増やす効果があります。

筋トレをしていても体重が減らない場合の対策:食事編

まずは食事編です。先ほども筋トレのエネルギーは糖質とご紹介しましたが、他にも筋肉を作るにはタンパク質・ビタミン・ミネラル・脂質などの栄養素が必要になります。

更には、筋トレをする2時間前には食事を済ませる事で筋トレが消化の邪魔をしないように心がけるようにしましょう。

空腹で筋トレをしてしまうと身体への負担も大きくなってしまうので、避けるようにしてくださいね!

筋トレ後は2回に食事を分けるようにし、30分以内にタンパク質、その後の食事は他の栄養素を補うのがオススメです。

もし、食事のみで栄養素が摂りきれない場合にはサプリメントでの摂取もオススメですよ!

筋トレをしていても体重が減らない場合の対策:運動編

お次は運動編です。筋トレをしながら痩せる為には、ただ筋肉をつけるだけではなく有酸素運動で脂肪を燃やす事も意識すると効果がより期待できます。

有酸素運動とはウォーキングやジョギング、水泳などの運動で、体内に酸素を入れながらトレーニングしていくことです。

筋トレは無酸素運動と呼ばれ、基礎代謝を高める働きをするのでこの2つを合わせる事で全身をより効率的に燃やし太りにくい身体を作る事が可能です。

1日1~2時間のウォーキング、週に2~3回ほどのジムや自宅で筋トレ‥と言うパターンでトレーニングをしていくのが効率的と言えます。

筋トレをしていても体重が減らないことに関しての世間の反応

最後に、筋トレをしていても体重が減らない世間の人の反応もご紹介していこうと思います。


体重を減らす目的で筋トレをしている人にとっては、やる気も半減してしまいますよね。

しっかりと原因を把握して、効率的に体重を減らす為にもしっかりと自分の身体を管理していくことが重要ですね!

1 個のコメント

  • 筋トレで引き締まった事はあります。
    痩せるだけなら、スリムアップスリムを飲んで痩せた経験はあります。しかも1ヶ月で10キロ落ちました。
    内容が、朝は食べない、昼は普通より少なめの定食、
    夜はスリムアップスリムのみ、1週間に1回断食、水だけ飲むを1ヶ月やって10キロ痩せました。
    本気で痩せたいなら、食べ過ぎないし、他の物も絶対に食べません!私はタバコもお酒も辞めようと決めた日から、キッパリ辞めれた意思は強い方なので、意思が弱い人は目標作れば成功するかと思います。
    食べてないけど、お酒は辞めれないよねなら痩せませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です