手足の冷えの治し方は?男性・女性・幼児での冷え性の原因と対処法を症状別に解説

今回は手足の冷えなど冷え性に関して調査してみました!冬になると、冷え性の人にとってはますます辛い時期になりますよね。冷えは病気の元にもなり、健康面でも心配になってしまう症状です。

お風呂に入っても改善されない、からと言って暖房をガンガンにつけているのも乾燥が気になったり電気代もかかるので良くないことが多いです。

男性・女性・幼児に多い冷えの原因や、その対処法について一緒にご紹介していこうと思います!

手足の冷えの治し方は?

外に出て身体が冷えるのは普通の事ですが、家の中にいても防寒をしていても冷えが起こってしまうのには、自立神経の働きが関係している事が多いようです。

冷えによる害は睡眠不足や肌の調子を悪くしたり、色々な変化をもたらしてしまいます。体温が低くなるとそれだけ免疫も下がってしまうため、風邪をひきやすくなったり長引いてしまったりと冷えだけではないデメリットがありますね。

男性、女性、幼児でも冷えの原因は異なる事が多く、まずは原因を知ってしっかり対策していくことが重要です♪

男性に多い冷え性の原因は?

まずは男性に多い冷え性の原因です。男性の場合、筋肉量が女性よりも多いですが少しでも減少する事により血流が悪くなったり、仕事などのストレスが原因になっている事が多いです。

更に、飲酒、喫煙などの生活習慣が原因で動脈硬化が進行しやすかったりと、血行不良になるケースがあります。

更には、女性よりも冷えには遠いと考えられているのでストレッチや入浴をシャワーだけで済ませている人が多いなども、悪化させる原因になっているようですね。冷えを感じている人は、しっかりと自分の生活を見直す事が1番初めにやるべき事です。

女性に多い冷え性の原因は?

お次は女性の場合です。女性は半数~7割ほどの方が冷えに悩んでいると言われているほど、症状が出ている人が多いようです。

その原因は、元々熱を作り出す筋肉が少なく皮膚の表面温度も低いので、冷えを感じやすくなってしまう為です。更には、貧血や低血圧に悩む女性も多く血行が悪くなりがちな為、男性よりも冷えが進行しやすいのですね。

女性特有の月経でも、腹部に血液を溜め込んだり水分を溜め込む事で血流を悪くさせる事も起こるので身体の仕組み上しっかりと対策をしないと、冷え性に悩み続けてしまう事になります。

幼児に多い冷え性の原因は?

最後は幼児に多い冷え性の原因です。通常は大人よりも体温が高い幼児ですが、冷え性になってしまっている子が最近では多いようです。

中でも末端冷え性の子供が多く、その原因は自立神経の乱れと言われています。親のペースでの生活をしていたり、なかなか眠らない子だったりと生活がいつのまにか幼児にとってストレスになっており血流の悪さを引き起こしている可能性があります。

幼児の場合、冷え性から成長ホルモンがうまく分泌されなかったりとダメージも大きいので、触れて冷えている様であればしっかりと手足を温めてあげる事が大切です。

冷え性の対処法はどうするべき?症状別の治し方

では、男性・女性・幼児問わず冷え性の症状別での治し方や予防法もご紹介していこうと思います。

冷え性には4つのタイプがあり、

・末端冷え性タイプ

・内臓冷え性タイプ

・ほてり冷え性タイプ

・全身冷え性タイプ

と分かれています。同じ冷え性の中でもそれぞれ症状は異なり、また対策も違ってくるので自分に当てはまる物をチェックして予防していくのがオススメですよ♪

冷え性の対処法その1:末端冷え性タイプ

まずは末端冷え性タイプの人です。その名の通り、手足の先端部分に冷えが溜まる人の事です。

・爪が折れやすい

・ダイエットをしている

・肉・魚をあまり食べない

・水虫がある

このような症状があってなおかつ手足が冷えているようであれば、末端冷え性タイプの対策をするのがオススメです。

身体を温める食事や、入浴、適度な運動を取り入れる事で徐々に改善されていくので、生活習慣を見直すようにしましょう。

また、お湯2Lに対し黒酢200mlを入れた足湯に浸かるのも効果的です。黒酢には温泉と同じ成分が含まれており、保温効果も高いので効果が持続しやすくなります。

冷え性の対処法その2:内臓冷え性タイプ

お次は内臓冷え性タイプの人です。内臓が冷えると下半身が冷えている感覚が強く、特に女性に多いのが特徴です。他にも、

・生理痛がひどい

・胃腸が弱い

・夕方になるとむくみがひどい

・筋肉が少ない

と言った人に多くみられるのが内臓冷え性タイプです。末端冷え性タイプであればすぐに冷えている事が分かりますが、内臓の冷えは意外と見落としてしまいがちで治せず、繰り返してしまう事が多いのも厄介な理由です。

内側・外側どちらからとも温めてあげる事が大切なので、冷たい飲み物は控えるようにして白湯を飲むのがオススメです。

白湯を飲んだ時に、ジワーっと染み渡るようであれば内臓が冷えている可能性大なので注意するようにしてくださいね!外側からは腹部を温める為に腹巻や靴下、レッグウォーマーなどを履くようにして対策を心がけましょう。

冷え性の対処法その3:ほてり冷え性タイプ

お次はほてり冷え性タイプの人です。ほてり冷え性とは、末端冷え性や内臓冷え性が進行し冷え症なのに顔がほてったり手のひらが赤くなったりする症状が出る事です。他にも、

・生活習慣が不規則

・イライラしやすい

・眠りが浅い

などの症状が出る事が多く、これらは自立神経が大きく乱れている事によって起こってしまうと言われています。

そのため、ストレスを出来るだけ身体に与えないようにして、規則正しい生活をするのが1番の対策です。リラックスタイムを作る為にも、入浴する際には炭酸ガス入りの入浴剤を入れて保温したり好きな匂いの入浴剤を入れるなど工夫してみてくださいね。

しかし、40度以上の高温のお湯はほてりの症状が出やすくなってしまう為、少しぬるめのお湯に20~30分浸かるのがオススメです。

冷え性の対処法その4:全身冷え性タイプ

最後は全身冷え性タイプの人です。夏・冬問わず全身に寒気がしており、常に体温が低い人の事を指します。全身が冷えてしまうと、肩こり・頭痛・めまいなども引き起こしてしまいます。

・貧血気味

・体温が36度以下

・低血圧

・新陳代謝が悪い

などの症状が多く、エネルギーも消費しにくいのでダイエットにも良くない影響を与えてしまいます。この場合、筋肉量が足りない・食事が偏っているなどの原因が多い為運動と食事を急いで改善する必要があります。

タンパク質の多い食事を心がけ、身体を温める効果のある根菜や冬が旬の食べ物を摂り入れる他、有酸素運動で集中している筋肉を効率よく動かせるウォーキングを1日30分続けるだけでも、短期間で冷え性を改善する事ができますよ!

手足の冷えに関する世間の反応

冷えは健康面でも、ダイエット面でも良い事が無いので早めにしっかりとした生活に戻してあげるのが大切ですね。

外気が寒いと余計に、冷えを進行させることになり冷え性を持った人にはかなりつらい状態になりますね。冷えが続くと痺れたような感覚になってしまったり、思うように手先が動かせなかったりと仕事や家事にも影響が出てきてしまうので、パフォーマンスを上げる為にも対策を心がけて身体をポカポカさせて過ごすようにしてみてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です