電子レンジを処分する方法は?処分費の相場と地域別の無料で出来る場所も紹介

今回は電子レンジを処分する方法について調査してみました!引っ越し等で不要になってしまったが、家電で大き目な電子レンジはどうやって処分したらいいのか迷ってしまいますよね。もちろん普通ごみに出すわけにはいかなそうなので、どの方法がいいのか、また費用をかけずに処分する方法はあるのかも一緒にご紹介していこうと思います。

処分費用については、地域でも差があるようなのでそちらも詳しく調査していこうと思います!

電子レンジを処分する方法は?

引用元:https://www.amazon.co.jp/

電子レンジは、毎週決められた曜日に出す燃えるごみ・資源ごみなどの分類外になっており、そのままゴミ置き場に持っていけばいい物ではありません。

方法としては、

・粗大ごみに出す

・店舗で処分する

・不用品回収業者を呼ぶ

・家電買い取り業者に持ち込む

・フリマやオークションで売る

の5パターンがスタンダードとなっており、そのうち粗大ごみ・店舗処分・不用品回収業者は費用がかかってくるものになります。

しかし、それぞれにメリット・デメリットももちろん存在しているので、自分に合った方法を見つけてみてくださいね!

電子レンジを処分する方法その1:粗大ごみで出す

まずはスタンダードな方法で、粗大ごみとして出す方法です。故障して完全に使えない場合はどうする事も出来ないので、この方法を使う人が多いようです。

粗大ごみに出す場合は、各自治体に問い合わせて粗大ごみ券を買う必要があるので、費用がかかってきます。

この費用は、後ほど詳しく調査していこうと思います!メリットとしては、ゴミ券さえ貼っていれば後は回収日に出すだけなので手間が少ない事、デメリットは費用がかかり決められた曜日にしか出せないのですぐ回収してもらえない場合がある事です。

電子レンジを処分する方法その2:店舗で処分する

お次は店舗で処分する方法です。店頭で購入しており、その店舗が分かっている場合や新しい家電を買う際に下取りキャンペーンなどをしている店舗だと、不用品を回収してくれる場合があるので、もし近くにあれば利用するのもオススメです。

買い替えの場合は、状態によっては新しい家電に値引きが入る事もあるので便利な方法です。

しかし、引き取りだけの場合は断られることもあり、費用がかかってくることもあるので事前にHPなどで調べていくのが良いでしょう。

電子レンジを処分する方法その3:不用品回収業者を呼ぶ

お次は不用品回収業者に依頼する事です。故障していても、回収してくれ家まで取りに来てくれるので出向く手間がなく好きな時に来てもらえるのが最大のメリットです。

ほとんどは引き取り費用がかかってきますが、業者によっては、買い取りをしてもらえる場合もあるので問い合わせの際に聞いてみるのもオススメです。年式の新しいものや使用歴が浅い物は、不用品回収業者に依頼してみるのも良いですね。

電子レンジを処分する方法その4:家電買い取り業者に持ち込む

お次は家電買い取り業者に持ち込む事です。こちらは費用がかかるどころか、お金になって返ってくるのが最大のメリットです。

持ち込む手間はありますが、最近では引き取りに来てくれる業者もあるので面倒な人はそちらを利用するのがオススメです。しかし、新しい物やキレイなもの、付属品がすべてそろっている物でないと買い取り額がつかなかったりするので、注意が必要です。

電子レンジを処分する方法その5:フリマやオークションで売る

最後はフリマやオークションで売る事です。前でご紹介した個人バージョンなので、こちらもお金になって返ってくる可能性が高くなります。

また、業者とは違いこちらの言い値からスタートできるので希望額に近づく可能性が高くなりますね。フリマやオークションでは家電の配送も面倒ですが、最近ではジモティーなどで家まで引き取りに来てもらう方も多く少しのお金にでも換えたい人にはオススメです。

電子レンジの処分費用の相場は?

では、電子レンジの処分費用はどのくらいが相場なのでしょうか?費用がかかってくるのは粗大ごみ・不用品回収業者・店舗処分の場合がほとんどですが、粗大ごみに関しては地域でも差が大きいようです。

不用品業者の場合相場は1,500円~3,000円かかる場合が多く、店舗処分の場合は1,000円~2,000円のケースが多いです。

店舗処分の場合は、下取りに出せば無料になる事が多いので新しい電子レンジを買う場合はこちらを選ぶのが一番いいかと思います。

地域別の電子レンジの処分費用の相場

では、粗大ごみの場合の電子レンジの処分費用の相場を地域別にご紹介していこうと思います。

だいたいの相場は全国で400円ほどが一般的です。しかし、札幌市は家電を資源ごみとして無料で回収していたり、都心部・人口の多く保有地の少ない地域は若干高くなっていたりと、地域によっても違うので住んでいる地域に確認が必要ですね。

電子レンジを無料で捨てられる場所はある?

最後に、電子レンジを無料で捨てる方法のまとめをご紹介していきます。費用をかけずに電子レンジを処分するには、

・リサイクル

・フリマやオークションで売る

・下取りアリの店舗で回収してもらう

の方法を試すようにしましょう。頻度高く捨てる物ではないからこそ、捨てるのに費用をかけるなら新しい物の費用に充てたい所ですよね。

フリマやオークションなどは手間も時間もかかりますが、その浮いたお金で新しい家電を買う事も出来るので処分に余裕がある人は試してみるといいですね!

更に最近ではSNSを通じて不用品の回収を依頼している人もいるので、1度覗くのもいいかもしれません。

電子レンジを処分する方法に関しての世間の反応


まずは壊れていないか、年式はどうか、付属品はあるのかを確認して、売る・売らないを決める事から始めるのがいいですね。

引っ越しギリギリになって焦らない為にも、処分出来る場所をよく確認して無駄のない処分が出来るようになるのがいいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です